アイドルやアニメのファン活動として若い世代を中心に広まっている「推し活(おしかつ)」。
元は、熱烈なアイドルファンが自分のお気に入りのアイドルのことを指して「推し」と呼んでいたことにはじまります。
今では、コアなアイドルファンのみならず、ライトなオタクを自認する幅広いジャンルと世代で使われる言葉になりました。

アイドルやアーティストのライブグッズ、アニメやゲームのキャラクターにまつわる文具や生活雑貨を手に入れることは、推しがいるファンにとって「推し活」の一環でもあります。

「推し活」する人たちはどんな人たちで、どんなグッズを求めているのか? 今回は、推し活をする人たちの、世代別の傾向を解説していきます。

2030年には3人に1人がオタクの時代!?オタク文化への理解が重要に

2030年には3人に1人がオタクの時代!?オタク文化への理解が重要に

消費意欲の高い「オタク」の文化を理解することがこれからのビジネスで重要になる!

詳しくはこちら >

「推し活」とは具体的には何なのか?

「推し活」とは?

アイドルやキャラクターなどの「推し」、いわゆるご贔屓を愛でたり応援したりする「推しを様々な形で応援する活動」のこと。「推し活」は「オタ活」の一環でもあり、推し活をしている人は何かしらのオタクであることを自他ともに認めています。

「推し活」で推す対象

推し活での「推し」はアイドルやアニメキャラクターに限らず、自分が好きで応援するものすべてが対象となります。
代表的な「推し」を挙げてみましょう。

3次元(実在の人物) アイドル/アイドルグループ、アーティスト、俳優、声優、スポーツ選手、作家、歴史上の人物、Youtuber、コスプレイヤーなど
2次元(キャラクター) アニメ・ゲーム・漫画のキャラクター、マスコットキャラクター、ボーカロイド、Vtuberなど
人物以外(施設や概念を含む) 刀剣、建築物、鉄道、仏像、動物(動物園、水族館)など

ちなみに、アイドルグループの特定のメンバーを推すのを「単推し」、グループ全体を応援することを「箱推し」と言います。

「推し活」とは「推しを応援する活動」のことを指しますが、では実際にはどんなことが推し活に当てはまるのでしょうか?

実は、特にコレが推し活!と定義が決まっているわけではありません。
ここでは推し活の代表的な活動や行動をまとめてみました。

推し活の具体的な活動・行動の例

【推しに逢う】
ライブや舞台を観に行く/推しのDVDや配信映像を鑑賞する/聖地巡礼をする/ファンレターを書く/推しにプレゼントを贈る
【推しに触れる】
グッズを買う/グッズをコレクションする/コラボカフェに行く/コラボイベントに参加する
【推しに染まる】
推しと同じものを持つ/推しのイメージカラー(推し色)の服やコスメを集める
【推しを広める】
SNSで推しの魅力を語る/推しを他人に布教する
【推しを感じる】
一人静かに推しのことを想う/推しが生きて存在していることに今日も感謝する

後半はもはや宗教かと思われそうな行動ですが、実際、信仰しているようなものなのでだいたい合ってます。(諸説あり)

「推しの応援をする、推しを好きであることをアピールする」とファン本人が思った行動・思考すべてが推し活ともいえるのです。(諸説あり)

【「推し」と「担当」の違い】

「〇〇推し」に近似した言葉に「〇〇担」というのがありますが、これは主にジャニーズなどの男性アイドルグループのファンが使っている言葉。(※うた☆プリやアイナナなどの2次元アイドルグループのファンもジャニーズのようなファン活動を踏襲する形で使っていることがあります)グループ内の特定のメンバーを「担当して応援する」意味で使われています。SNS上ではファン自身のプロフィールなどで「〇〇担です」「〇〇担を降りる(ファンをやめる)」「同担歓迎/拒否(同じメンバーのファンを歓迎する/受け付けない)」など使われているのを見かけます。かなり熱心に特定のアイドルに対してファン活動を行っている人はこちらの「担当」という言葉を使う場合が多いようです。
「推し」は、元々がAKBのファンが使っていた言葉です。趣味の範疇を超え、仕事のように推しを熱心に応援することから、アイドルオタクたちはその活動を「推しごと(おしごと)」と自称するようになりました。その後、「推しごと」という言葉は女性のアイドルオタクたちも使うようになっていき、「推し」という言葉が各ジャンルのオタクに広まりました。
現状、「推し」は男女ともに広く使われており、「担」を使う人には熱烈なファン(ガチ勢)が多いのに対して、「推し」は比較的マイペースなファン(ゆるオタ)に広く使われています。

推し活をする人たちの気持ち

千差万別な「推し活」のあり方

「推し活」には確たる定義や「こうしなきゃいけいない」というものはありませんが、「推し」を推している自分自身が楽しんでやっていること、充実感を持てることが重要になります。
友達と一緒にライブに行ったり、魅力や楽しさをファン同士で共有する外向的な活動も、自分ひとりで想像や妄想を広げて楽しむ内面的な活動も「推し活」です。

「推し活」によって得られるもの

  • 実生活で疲れた時や落ち込んだ時も、推しがいることで励まされ、癒される
  • 舞台やライブのチケット代と休暇のために、仕事や勉強を頑張れるようになった
  • 推しに見合う自分であろうと思うようになり、勉強や仕事、美容の意識が高まった
  • ファンのせいで推しのイメージが悪くならないよう、自分の言動にも気を付けるようになった
  • 特に何か観に行く予定はないが、推しがいるだけで生活にハリが出て毎日楽しくなった
  • 推し活をしていたら、趣味の合う良い友達ができた

推し活には時間もお金もかかります。忙しい日常生活で推しのための時間とお金を作るべく頑張っていたら、知らないうちに普段の生活のモチベーションも上がった、なんてケースが多いのです。何かにハマって熱中し、何かを努力すること自体が「推し活」なのです。(諸説あり)

「推しがいる 世界は今日も 美しい」名もなきオタク・心の俳句

推しがいる、それだけでも日々を頑張って生きていける

推し活をする人たちの世代別・傾向とグッズの好み

そんな推し活をする人たちは、どんな人たちなのでしょう?

ここではおおまかに、世代別での推し活の傾向と好まれやすいグッズのタイプを独断と偏見でまとめていきたいと思います。
もちろん推すジャンルや人によって推し活の内容はさまざまですが、おおまかな目安としてご覧ください。

【10代の推し活】

いわゆるZ世代とも言われる年齢層。お小遣いだけでやりくりする10代前半の小中学生と、バイトができるようになる10代後半の高校生や学生とで、同じ10代でもお財布事情や動ける行動範囲が大きく変わってくる。
情報収集はYoutube、発信するのはTikTok。話題やトレンドには敏感で、買える金額ならすぐに手にしてくれる。

とにかくキャラやコンテンツに触れていたい
他者に推しの魅力を理解してもらいたい

金銭的にまだ自由が利かないので、グッズ購入やコラボカフェのドリンクメニューなどは厳選して選ぶ。
学校の友人や家族に自分の好きなキャラや作品の魅力を理解してほしいと思っているので、他者への推しのプレゼンや推し活アピールをする人が多い。
少しでも日常的にキャラや作品に触れていたいお年頃なので、好きなキャラクターのちびキャラやロゴ、キャラの立ち絵が入った手帳や下敷き、キーホルダー、文具などの学校や塾でも持っていける低価格なグッズの需要が最も高い層。
友達同士の誕生日プレゼントはキャラグッズのマグカップ。(これは30年前と変わらない)
トレーディングやガチャトイ系のグッズは、友人との連携やSNSやメルカリを駆使して交換してお目当てのキャラグッズを手に入れる。店舗での開店前行列なども行う。
自由に使えるお金が少ない分、SNSでの情報と自分の足をフル活用するバイタリティを持っているのが特徴。
キャラクターアパレルグッズは、10代では洋服代として親に買ってもらえる場合が多く、しまむらやユニクロなど量販店でのコラボアパレルは20代より手に入れやすいケースが多い。
トレンドには敏感で、周りやSNSで話題になったものは、理由はなくても一度は手に取ってみたくなる。

【好まれるグッズやサービスの傾向】

  • 価格重視
  • キャラの肖像がしっかり使われたグッズ
  • 同世代で話題になっているモノ

缶バッジ、アクスタ、文具、マグカップ、コラボ菓子、痛バッグ、キャラアクセ、ぬいぐるみ、ハンドタオルなど

【20代(Z世代を含む)の推し活】

仕事を始めてお財布事情に余裕が出てくることで、最も活発に推し活ができる年齢層。
情報の仕入れ方も発信も上手く、推しの最新情報をいち早くキャッチし、拡散していく。
時として、オフィシャル広報を超える広報宣伝力を持ち、インフルエンサーとなる人が多いのもこの世代。

推しの情報の先端をつかみたい
推し活をしている自身もプロデュースしたい

グッズ購入、ライブ・イベント参加も活発で、遠方の会場であっても小旅行(遠征)して参加する。そのついでに推しのゆかりの地へ聖地巡礼の旅もする。
コラボカフェなどにも積極的に通い、限定グッズもしっかり入手する。
ファッション、コスメの情報収集にも余念がなく、推し活をしている自分自身を磨くことも忘れない。第三次韓流ブーム世代。韓国コスメ、美容にも精通している。
推しコーデ、推しイメージメイクなど、オフィシャルグッズではない一般商品を自分の感性で推し活に取り入れることに長けており、自分だけの推し活の様子をSNS上に発信していく傾向が強い。「#」ハッシュタグをどう使えばよいかを熟知している。
アパレル系のキャラグッズに対しては、デザインに対して厳しい目を持っており、どれだけ好きな推しの限定グッズであっても、デザインや内容に納得しなければ容易に手を出さない。
友達同士の誕生日プレゼントにはキャラグッズの香水やコスメなども選ばれる。
トレンドに対して、30代よりも素直に取り入れる傾向がある。

【好まれるグッズやサービスの傾向】

  • 形や色にトレンド感があるキャラグッズ
  • ファッションに取り入れられるデザイン(オタクっぽくないデザイン)
  • 推しが身につけてるもの、推しが好きなものを持っていたい
  • グッズを集めること自体が推し活
  • 推しを連想できるファッショングッズもコーデに取り入れる

アクスタ、ライブグッズ、イメージアクセサリー、コスメ、痛バッグ、ぬいぐるみ、コラボ菓子、聖地巡礼(ご当地グッズなど)

【30代~40代の推し活】

いにしえのオタクたち。オタクのイメージがまだ若干ネガティブだった頃からひっそりと激しいオタク活動をしていた層。
「推し活」という言葉でオタ活が市民権を得ている現状にちょっと戸惑いながらも、マイペースに推し活を続けている。
SNSは発信も情報収集もTwitterメイン。だってオタクだもん。

デザイン性、機能性、品質重視で体験を買いたい
先着順より予約受注だと高額でも安心する

30代は最も推し活に使う金額が多い年齢層。かつてはツアーグッズやキャラグッズ、出ているモノすべてを買っていたが、今は使えるものだけ厳選して買いたい。グッズ購入というより、遠征旅行やツアー全通など活動費用として使うことが多い。
フィギュア、Blu-ray-BOXなど単価の高いものでも質が良い、ほしいと思ったら迷わず買う。
セーラームーンコスメなど90年代アニメのリバイバルブームのメインターゲット層。元バンギャ(※1)率も高く、20代前半のころはテニミュ(※2)全盛期だった。
アニメ・ゲームと自治体・施設のコラボが活発になった2010年代からは武将や刀剣を拝みにゆかりの地や博物館に通い、時には海外にも行く「聖地巡礼」の旅を始めた世代。
新しい遊び方を自ら創作することに長けているので、グッズ品質やサービスに対して目が厳しい。

40代は結婚・出産でライフステージが変化して、一度は趣味から遠のくが、子育てが落ち着いて推し活・オタ活に出戻ってきた人が多い。東方神起やKARAなど第二次韓流ブーム世代。BTSは知ってるけど…という感じ。
30代と同じく、推し活費用はグッズ購入より活動費用に充てられることが多いが、ジャニーズやK-POP、ディズニー年パスなど子供と一緒に推し活を始めるケースも多いので(※3)時として10代と手にするグッズが被ることもある。

1:主にヴィジュアル系バンドの女性ファンのこと。かつてはゴスロリファッションに身を包み、推しのライブで激しく頭を振り回していた

2:2.5次元舞台の草分け的存在・ミュージカル「テニスの王子様」の略称

3:オタク用語で「英才教育」と呼ぶ

【好まれるグッズやサービスの傾向】

  • やや高額でもデザイン・品質の良いグッズ
  • 装丁が凝っていて資料が充実した画集やフィギュア
  • 10代のころに好きだったもののリバイバルグッズ
  • ある程度デザインを自分でカスタマイズできるグッズ
  • 身につけるより部屋に飾る鑑賞用・コレクション用のものを選ぶ

ライブグッズ、イメージアクセサリー、コスメ、コラボ菓子、聖地巡礼や旅行などの体験・サービス、高品質なフィギュア

推し活の傾向を知ることの重要性

ゲームキャラオタクの推し活グッズ

「オタク向け=キャラの絵が入ってるグッズ」ばかりでは喜ばれない

推し活をしている人が基本的にオタクであることは前提として捉えても問題ありません。しかし、昨今ではオタクだからといってキャラの絵が大きく描かれているグッズが喜ばれるとは限りません。
世代別の傾向を紹介しましたが、そこから見えてくるのは、どの世代でも、自分のライフスタイルに合ったモノを選んでいるということです。
特に20代以上になってくると、使える金額が増えると同時に、選択肢も増えるようになります。20代では「推し活をする自分自身のスタイル」を大事にするので、ちょっとしたポーチなどにもファッショに取り入れやすいトレンドをおさえたデザインのキャラグッズを選ぶようになります。さらに30代以上は、商品やサービスへの目が厳しくなり、品質を重視した選び方をするようになります。
10代向けの低価格のグッズなら簡単かといえば、10代は使える金額が少ないので、やはりかわいらしさや、コスパの良さを重視して厳選します。

「コレはいいぞ!」ファンに惚れてもらうグッズ製作を目指す

推し活をする人たちは、目が厳しい一方で、良いと思ったものは迷わず手に取り、それを人にも共有しようとします。面白いと思ったものに対しても同じです。自分が良いと思った推しのグッズが話題になることは、自身の推している「推し」そのものの認知が広がり、さらにそれを推している自分自身の承認欲求も満たされるからです。
これはインフルエンサーに限ったことではなく、SNSを活用している人全体に言えることで、特に口コミの影響力が強い女性市場では強力なサポートになります。
「推し活」をしている人たちの傾向・本質的な欲求を少しでも理解することで、ファンに惚れてもらうようなグッズ、人にも教えたいと思うような面白いグッズの企画製作に結び付くでしょう。

ここまで、「推し活」の基本的な知識と、年代別の傾向をご紹介してきました。

元々「オタ活」から派生して広まった「推し活」。世代やジャンルによって傾向も求められるものも違ってくることが少しだけ見えてきたかと思います。

次回は推しのジャンル別での「推し活」で求められるグッズやサービスの傾向を掘り下げていきたいと思います。

関連コラム

「推し、出る」オンラインガチャのメリットと事例

「推し、出る」
オンラインガチャのメリットと事例

ウィズコロナで注目が集まる「オンラインガチャ」のメリットを、事例を紹介しながら解説!

新たなマーケティング手法!令和の「ジャケ買い」グッズでプロモーション

新たなマーケティング手法!令和の「ジャケ買い」グッズでプロモーション

CD全盛期にあった「ジャケ買い」をマーケティングに取り入れた新しいプロモーション手法について解説!

トランスのコラムに関する
ご質問・ご感想はこちらから
【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

製品の魅力を引き出すパッケージ。基本的な箱の形や少し変わった箱など、オリジナルパッケージを製作する際に役立つ情報をお届けします。

【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

スイーツ、ドリンク、レトロ雑貨、じわじわと話題上昇中の「台湾モノ」。そのレトロでトラディショナルな魅力を考察します。

【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

夏の定番アイテムとなったハンディファン。便利な機能を備えた、さまざまな形の商品を集めました。夏にハンディファン販促品として展開するなら、今からご検討してみてはいかがでしょうか?

【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

各業界で話題のビジネスモデル・サブスク。モノのサブスク事例とともにキャラクターグッズのサブスク提供の可能性を探ります。