Z世代のほとんどの人が何かしらの「推し」がいると言われる昨今。

学生を中心としたZ世代にとって、学校で使う文房具も「映える」「推し活に使える」が大事なポイントになります。

そんな10代の学生に今人気があるのが、ペンケースやアクスタケースになるクリアポーチです。

クリアポーチ自体は、2年ほど前から人気のあるトレンドアイテムですが、今の学生の推し活ニーズにも対応した、ちょっと一工夫のあるクリアポーチの事例を紹介していきます!

推し研|推しビジネス研究所(仮)

》推し活関連ビジネスに役立つコラムとプロダクツ情報はこちら

推し研|推しビジネス研究所(仮)

詳しくはこちら >

学生が選ぶ今どきクリアポーチ

クリアポーチ、アクスタケース、アクスタ推し活、Z世代、Kept、コクヨ、オリジナルグッズ,ノベルティ、企画,製作

オリジナルグッズやノベルティ、文具入れでも定番のクリアポーチ。
幅広い世代に、幅広い用途で需要のあるクリアポーチですが今、学生を中心としたZ世代のペンケースとしてもクリアポーチが人気を集めています。
なぜクリアポーチが学生に人気なのか?その理由と、学生のクリアポーチの使い道について解説していきます。

学生のクリアポーチは推し活文房具

学生にとって、必要不可欠なものが文房具と、それを収納するペンケースです。
缶ペンケース、布ペンケース、システムペンケースなどペンケースは、その年代によってトレンドがあり、刻一刻と好まれる傾向は変化しますが今、特に中高生、大学生を中心に人気があるのが、クリアタイプのペンケースです。

クリアポーチとしても使えるペンケースですが、単にシンプルだから人気があるだけではなくZ世代である学生の多くが楽しんでいる「推し活」でのニーズにも応えられるのがクリアポーチやクリアケースなのです。

学生が常に持ち歩くペンケースや小物入れは、ひそかに推し活を楽しむためのアイテムとしても役立っています。

特に、今推し活シーンで定番アイテムでもある「アクスタ」(アクリルスタンド)を収納しながら文房具入れとしても持ち歩けるものが喜ばれているようです。

すでに販売されているペンケースや文房具ケースには、そんな学生の推し活事情をキャッチアップした商品が登場しています。

ここからは、そんな学生の推し活にも使える人気のペンケースとクリアポーチを紹介しながら、そのポイントを見ていきましょう。

スタンダードなクリアペンケース

 クリアポーチ、アクスタケース、アクスタ推し活、Z世代、Kept、コクヨ、オリジナルグッズ,ノベルティ、企画,製作

オーソドックスなクリアケースですがケースの片面がメッシュになっている&バイアス縁取りのカラーにバリエーションがあるという2点が今のZ世代向けトレンド。
フラットなケースを、文具や小物を入れるペンケースとして使います。

クリアであるのは、文具をおしゃれに入れられる見せ収納が今の学生層に人気であることと、推しのアクスタを収納するアクスタケースとして、推し活ニーズをキャッチアップする狙いもあります。

片面はクリア、片面はメッシュになっていることで、かわいい文具や推しのアクスタ、推しのトレカやチェキなどを入れて中見せでき、授業中などは、ペンケースをメッシュ側にひっくり返せばそれを隠すこともできます。

さらに、カラーバリエーションが選べることも重要で、バイアスやパイピングの縁取り部分で好みのカラーを選べるようになっていると「推し色」で文具やケースを揃えたい学生層のニーズに応えられます。
シンプルなデザインのフラットクリアケースは、持つ人によって用途を自由に変えられるメリットがあります。

チェキホルダー|推し活・オタ活ニーズ急増中!

》あわせて読む

チェキホルダー|推し活・オタ活ニーズ急増中!

詳しくはこちら >

インナーケース付きペンケース

クリアポーチ、アクスタケース、アクスタ推し活、Z世代、Kept、コクヨ、オリジナルグッズ,ノベルティ、企画,製作

カラーペンや消しゴム、小物などはインナーケースに入れて、シャープペンやマーカーなどよく使う愛用文具やアクスタなど、中見せしたいアイテム・グッズは表側に、と使う頻度やアクスタを分けて収納できるペンケース。

文具をおしゃれに収納でき、よく使うメイン文具やアクスタはサッと取り出せて、ごちゃつきやすいサブ文具や小物は見えないようにインナーケースにしまっておく、という機能性の高いアイテムです。
文具の汚れがアクスタに付かない、推し活目線の配慮が光っています。
いつも使う文具をおしゃれに収納できる、と学生層に人気のペンケースです。

2022最新「痛バッグ」事情|今どきの推し活・オタ活はおしゃれである

》あわせて読む

2022最新「痛バッグ」事情|今どきの推し活・オタ活はおしゃれである

詳しくはこちら >

アクスタケース

推し活、オタ活、バルーンフラワー、硬質ケースデコ、フラッグ、ライブグッズ、Z世代、オリジナルグッズ,ノベルティ、企画,製作

アクスタを収納することを前提に企画されたクリアポーチ。
一般的なアクスタは、ほとんどのものに台座が付いており、取り外して収納するときにアクスタ本体と台座が重なると推しの肖像やイラスト部分が傷ついてしまうことがあるのが、アクスタ推し活のお悩みポイントです。

アクスタを収納することを前提に企画されたクリアポーチは、ポーチの中にスリーブがあり、推しのアクスタと、アクスタの台座を分けて収納しながら中見せできるようになっているのが特徴です。
フラットケースよりややかさがあることも、アクスタが傷つきにくい推し活目線の配慮ポイントです。

クリアポーチ、アクスタケース、アクスタ推し活、Z世代、Kept、コクヨ、オリジナルグッズ,ノベルティ、企画,製作

さらに、キャラクターIPコラボグッズの事例としては、キャラクターのアクスタと、アクスタにシンデレラフィットするシンプルなクリアポーチのセット販売事例もあります。
もちろんポーチのカラーはちゃんと推し色(そのキャラやグループメンバーの持つパーソナルカラー)に合わせたもの。
ポーチはミニペンケースとしても使えるので、ちゃんと文房具や勉強用の小物入れとして持ち歩くこともできます。

こちらも、推しアクスタを収納しようとしたのにポーチに微妙に入りきらない…というアクスタ推し活のお悩みを解消する、ファン目線での推し活事情に着目した商品事例といえます。

「フォンタブ」|推し活最先端アイテム!

》あわせて読む

「フォンタブ」|推し活最先端アイテム!

詳しくはこちら >

推し活が日常に浸透したZ世代に向けた商品

クリアポーチ、アクスタケース、アクスタ推し活、Z世代、Kept、コクヨ、オリジナルグッズ,ノベルティ、企画,製作

ペンケースや小物入れとして定番アイテムのクリアポーチですがターゲット層となる今の学生の使い方やトレンドをしっかりリサーチすることで、選んでもらえる商品にした事例を紹介しました。

何かしらの推しがいる、なにかしらのオタ活をしていることが当たり前になりつつあるZ世代。

特に学生は、限られた時間と予算の中で推し活をしながら学業に励む人が多く、ペンケースのような日常で使う文具を工夫して推し活する傾向があります。

そうしたニーズを的確にキャッチアップし、商品開発に反映している事例を紹介しました。

一見するとシンプルなクリアポーチやペンケースですが、そこには、推しのグッズを大切にしながらも常に身につけていたいファンの推し活心理を理解した、工夫や配慮が光っているのです。

関連コラム

Z世代の推し活定番アイテム「コレクトブック」

Z世代の推し活定番アイテム「コレクトブック」

推しのチェキやトレカの収納に、Z世代女子が愛用している
推し活人気アイテム「コレクトブック」をご紹介!

推し活事情⑨推しキーホルダー研究

推し活事情⑨推しキーホルダー研究

Z世代に今人気があるのが実はキーホルダー!?
令和のキーホルダー推し活事情の近況を解説します。

白峯アサコ

ペンケースを大きくすると、必要な文房具以外のいろいろなものを詰め込んでしまい、気付けばペンケースが膨れ上がってパンパンになるタイプの学生でした。
ですが、推しのものを手帳やペンケースに常に入れておきたい気持ちは、どの時代の学生でも変わらないようでちょっぴりホッとしています。

トランスのコラムに関する
ご質問・ご感想はこちらから

【潜入レポ】推し活応援グッズPOPUP『推し活祭り』に潜入

2022年7月15日~7月24日に行われた推し活グッズのポップアップイベント『推し活祭り』に潜入。展開されたブランド・推し活グッズについてお話を伺いました。推しビジネス研究所(仮)の研究員がレポートします。

パーソナライズ推し活サービスとは?|カスタマイズで楽しむ推しグッズ・ドリンク

自分好みにカスタマイズできる、パーソナライズ商品やサービス。今、こうしたサービスが推し活需要で注目されています。カスタマイズできるドリンクや香水で自分だけの推しグッズを作って楽しむ。推し活シーンで喜ばれているパーソナライズ商品の事例を紹介しながら、推し活消費傾向を考察していきます。

キーリングハンガー|韓国トレンド発の最新スマホアクセ

今、Z世代の持つスマホアクセサリーでじわじわと増えてきている「キーリングハンガー」とは?既存のスマホリングとも、ストラップともちょっと違う、韓国トレンド発の新アイテムについて、タイプの違いや使い方を解説していきます!

ホテルのIPコラボルーム事例集|宿泊が極上の推し活・エンタメに

オタ活・推し活ニーズの高まりとともに盛んに行われるようになってきた、ホテルとIPのコラボルーム企画。コロナの影響でインバウンド需要が激減した日本国内のホテルにとっても、新たな集客の手段となりつつあります。宿泊そのものをエンタメイベントに。体験消費としての側面も大きい、ホテルコラボについて事例を紹介しながら考察していきます。