ここ数年は空前のネコブームが続き、コロナ禍でさらにそのネコ人気は加速したといわれています。そんなネコ人気が頂点に達した2022年2月22日の「スーパー猫の日」の各企業の取り組みや、キュート&おもしろネコグッズをご紹介します。
さらに、2月22日を逃した方にも朗報です!今年もまだ間に合う、世界で統一の猫の日や招き猫の日についてもあわせてご紹介していきます。

グリーンフライデーとは?

》あわせて読む

グリーンフライデーとは?

毎年11月第4金曜日に開催されるグリーンフライデー。サステナブルな消費活動を掲げたその概要と事例をご紹介!

詳しくはこちら >

毎年2月22日は「猫の日」

いろいろな表情のネコ

2022年はゾロ目が続いて「スーパー猫の日」

ここ数年は空前のネコブームが続き、コロナ禍でさらにその人気が加速したといわれています。そんなネコ人気にさらに火が付く日が、毎年2月22日の猫の日です。
名前の由来は、猫の鳴き声のにゃん・にゃん・にゃんからきており、1987年に全国の愛猫家から公募して決まったのだそうです。
2022年の今年は、2が6つのゾロ目が続くことから「スーパー猫の日」と呼ばれ、SNS上では各企業の公式アカウントが猫化するなど、ほのぼのとした盛り上がりを見せていました

今年もまだ間に合う「猫の日」

2022年2月22日の「スーパー猫の日」は終わったばかりですが、実は今年もまだ間に合う猫の日がありました。
動物愛護団体である国際動物福祉基金が定めた「国際猫の日」(World Cat Day)は毎年8月8日だとされています。また、日本でも他には、日本招猫倶楽部が制定した「招き猫の日」は毎年9月29日で、三重県伊勢市や長崎県島原市などでは招き猫まつりが行われているそうです。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/猫の日

ネコによる経済効果は2兆円超え

招き猫のイラスト

アベノミクスならぬ「ネコノミクス」

アベノミクスになぞらえて、ネコによって生み出される経済効果のことをネコノミクスといい、2015年頃からこの言葉が使われ始めています。
近年ではコロナ禍によって自宅で過ごす時間が多くなり、家の中で飼いやすいネコをペットに迎える人も増えているようです。
そのようなネコを飼育するために必要なキャットフード代や医療代のほか、写真集やグッズ、カフェなどの消費支出と経済波及効果を加味すると、その総額は2兆円超えという巨大マーケットだということが明らかになっています。

(参照元:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2202/21/news106_2.html

世界一のネコ 人気YouTubeチャンネル「もちまる日記」

もちまる日記

引用元:https://www.youtube.com/c/もちまる日記

元来のネコブームに加え、自宅で手軽に癒されるというペット動画人気もあいまって2021年に大ブレイクしたYouTubeチャンネル「もちまる日記」。
主人公はオスのスコティッシュ・フォールドのもちまる(通称・もち様)、撮影は飼い主(通称・下僕)のこの動画では、自由気ままで甘えん坊のもちまるが視聴者の人気を集めています。コロナ禍による、一人では寂しいけれどネコは飼えないという人のニーズもあってか、2021年9月「YouTubeで最も視聴されたネコ」としてギネス認定されています。
そんなもちまるの写真集は、2021年の動物写真集ジャンルで売上1位を獲得しています。

(参照元:ORICON NEWS

祝・猫の日!ネコ×企業のコラボ例

スーパー猫の日には企業もここぞとばかりに、ネコとのコラボレーションを披露していました。
公式アカウントのネコ化をはじめ、ネコにまつわる企画も盛りだくさんな一日となりました。

ネコだらけの企業アカウントめぐり 2022年最新版

2022年2月22日のTwitter上では、一日限定で企業名がネコ化した公式アカウントが続出しました。

井村屋

井村屋ネコアカウント

アース製薬

アース製薬ネコアカウント

花王アタック

花王アタックネコアカウント

カルビー

カルビーネコアカウント

猫だらけのたまらないキャンペーン5選

》あわせて読む

猫だらけのたまらないキャンペーン5選

猫ブームが続く中、巷の気になる猫キャンペーンをご紹介します。

詳しくはこちら >

猫の日イベントに全力で取り組む企業

さらに、企業によっては猫の日だからこそのチャレンジもありました。

ネコ耳ハンバーグ弁当(ファミリーマート)

ファミリーマートのネコ耳ハンバーグ弁当

ネコの飾り切り(紀文)

自社キャラクターネコ化(マルシンフーズ)

自社キャラクターネコ化(マルシンフーズ)

マルシンフーズのキャラクターネコ化

猫の日用の自社アイコン募集(タニタ)

タニタの猫の日用アイコン

ご紹介できたのはごく一部ですが、このようにTwitter上では多くの企業が「スーパー猫の日」を満喫していました。

愛されネコグッズ紹介

空前の大ブームとなっているネコですが、続いてはキュート&おもしろネコグッズをご紹介していきます。
ネコの特徴や可愛さを見事に捉えているグッズです。

脳波で動くネコ耳カチューシャ

脳波で動く猫耳カチューシャ

出展元:https://www.neurosky.jp/necomimi-new/

脳波を読み取ることで、その人の心理状態が一目でわかってしまうというネコ耳カチューシャ「necomimi」。
例えば集中している時は耳が立ち、スピーカーからニャーという鳴き声が出たり、リラックスしている時には耳が寝て、ゴロゴロという喉を鳴らす音が出るそうです。
2012年に初めて発売されましたが、当初はなかったスピーカーが追加されたことにより、リアルなネコの鳴き声を楽しめるそう。
誰が付けても可愛くなることはもちろんのこと、自分の心理状態を把握するのにも良さそうです。

ネコの傘タグ

猫の傘タグ

出展元:https://www.felissimo.co.jp/shopping/I180563/I280578/GCD422939/

ネコが全身脱力で寝ている姿が傘タグになりました。
口元の脱力感まで表現したというこだわりの逸品です。
こちらの商品以外にも、フェリシモ猫部にはキュートで癒されるネコグッズがたくさん掲載されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

ネコのペン立て

ネコのペン立て

出展元:https://item.rakuten.co.jp/jill-r/jill41656/

ペンだけでなく、いろいろ持たせてみたい衝動に駆られるグッズです。
5個セットなので、そのレイアウトは飼い主次第です。写真のような組体操レイアウトや、本来の機能であるペンを持たせてもOKです。
面白さに寄り気味な体勢とは裏腹な、きりっとした表情にも惹かれます。

ネコのステッカー

ネコのステッカー

出展元:amazon

ネコ科の動物が勢ぞろいしたステッカー。
たしかにネコはよく脱走すると聞くので調べてみたところ、たまたま窓・玄関が開いていたという「偶発的な脱走」、外の世界への興味が湧いた「好奇心をそそられての脱走」が多いということがわかりました。中には引っ越しなどによって縄張りが変わることに起因した「環境の変化による脱走」」もあるようです。

(参照:https://www.min-petlife.com/270051

ネコの特徴や可愛さが詰まった、キュート&おもしろネコグッズをご紹介してきました。
ネコ好きな方へのプチギフトとしてもいかがでしょうか。

トレンドを上手に自社マーケティングに取り入れてみませんか

猫とハイタッチ

空前のネコブームといわれている昨今、その人気ぶりは「ネコが入れば商品が売れる」とまで表現されることもあるほどです。
今回ご紹介した事例はネコブーム、ネコ人気という巷のトレンドにあやかり、上手に自社のマーケティングに取り入れる方法として参考にしていただけるのではないでしょうか。
トランスでは、トレンドやブームを取り入れたキャンペーン企画・ノベルティ製作もご提案しておりますので、ぜひ担当営業にお気軽にご相談ください。

関連コラム

企業コラボキャンペーン事例11選

企業コラボキャンペーン事例11選

話題性の高いコラボキャンペーンの事例を業界ごとにまとめてご紹介します!

企業のSDGsの取り組み事例17選

企業のSDGsの取り組み事例17選

企業のSDGsの取り組み事例をご紹介します。注目度の高い取り組み事例を通して、自社ならではの取り組みを検討してみませんか。

トランスのコラムに関する
ご質問・ご感想はこちらから

【韓国雑貨研究】韓国ストリート編|ファッション雑貨・小物のトレンドを考察

Z世代を中心に安定して支持を集める韓国雑貨。今回の韓国雑貨研究では、「韓国ストリート編」ということで、ストリートテイストのファッション雑貨小物のトレンドを考察していきます。Z世代をターゲットにしたグッズ製作の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ハイブランド×キャラクター|異色コラボが持つ効果を「ブランド目線」と「ファン目線」で考察

近年増加しているハイブランドとキャラクターのコラボレーション企画。一見意外な組み合わせに思えるコラボは、どのような狙いを持って異色のコラボが実現されるのでしょうか。ハイブランドとキャラクターのコラボレーションが持つ効果について、ブランド側ファン側それぞれの視点から考察します。

話題のヴィーガンカフェ|ヴィーガン料理とは?ベジタリアンとの違いも解説

日本でも食生活に対する意識が変わり始め、代替肉「大豆ミート」など新たな食材が出てきている中で注目されているヴィーガンカフェ。ヘルシー志向な人だけでなく、カフェ好きや推し活の場としても利用者が増えているヴィーガンカフェの魅力や実際にヴィーガン食を試した感想等をご紹介していきます。

「コミケ」とは?|今さら聞けないコミックマーケット基本解説

「コミケ」の愛称でいわゆるオタク層から長年親しまれているコミックマーケットについて。今更聞けない基本情報や、参加方法について解説していきます。