+ethical

SDGsの達成に向けて、さまざまな業界でサステナブルな取り組みが行われています。
当社でノベルティやオリジナルグッズを製作する際も、環境に配慮したサステナブルな製品が採用されることが多くなってきています。

そんな中、近年注目されるのが“ヴィーガンレザー”。
ヴィーガンレザーという言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、「そもそもヴィーガンレザーとは?」「合皮とは何が違うの?」といった疑問があるでしょう。
今回は、ヴィーガンレザーの特徴について本革や従来の合成皮革と比べながら解説します。
身近にある原料を使用したヴィーガンレザー製品の事例もあわせてご紹介します。

+ethical

ヴィーガンレザーとは?

ヴィーガンレザーとは?話題のエシカル素材について知る

「ヴィーガンレザー」とは、耳慣れた言葉で言い換えると「フェイクレザー」のことを指します。
動物の皮を使用せずに革の見た目・質感を再現した素材で、主に基布に合成樹脂を塗り重ねることで作られる素材です。
中でも植物由来のヴィーガンレザーは、環境に配慮された素材であるということから注目が高まっています。
一口にヴィーガンレザーといっても、素材や構造によってさまざまな特徴があります。

ヴィーガンレザーの特徴

ヴィーガンレザーは、本革とどのような点が違うのでしょうか。一覧でお見せしながら解説していきます。
併せて主原料別のヴィーガンレザーの特徴もご紹介します。

ヴィーガンレザーとは?話題のエシカル素材について知る

本革

牛革や豚革、羊革など、その名の通り動物の皮からできているもので、天然皮革とも呼ばれます。
これらは食用肉から切り取られる皮を使用する場合が多く、動物からとった皮を無駄にせず活用しています。
本革の製品は、きちんと手入れをしておけば長い間使い続けられる、動物からいただいている命を無駄にしない、そういった点では「廃棄物削減」につながる素材と言えるかもしれません。
一方、ヴィーガニズムの考え方から、本革製品を使用しないという方もいます。

合成皮革

基布に織布を使用し、表面に塩化ビニルやポリウレタン樹脂を厚くコーティングする、貼り合わせるなどし、本革のようなシワを再現したもの。
本革に比べると圧倒的に価格が安く、大量生産に向いており、模様やカラーバリエーションなども豊富です。

人工皮革

本革を人工的に再現したもので、合成皮革とは異なり基布には不織布を使用しています。
不織布にポリウレタン樹脂を浸透させることで、本革の質感を再現します。
合成皮革に比べるとやや高価ではありますが、より本革に近い構造のため、一見しただけでは本革と見分けがつかないほどの再現度です。

植物由来のヴィーガンレザー

従来の合成皮革・人工皮革には石油を原料とするポリウレタンや塩化ビニルが使用されています。
地球環境に配慮し、限られた石油資源の消費を抑えるため、植物を主原料とした樹脂を使用した素材が開発されています。
原料をリサイクルする工程があるため合皮に比べればやや高価ですが、動物愛護、環境配慮の両方の観点から、よりサステナブル・エシカルにつながるとして注目されている素材です。

ヴィーガンレザーとは?話題のエシカル素材について知る

現在トランスで取り扱っているヴィーガンレザーは、プラスチックごみをリサイクルした再生ポリエステル生地に、植物性樹脂をコーティングしたもので、よりサステナブルな合成皮革となっています。

もっとサステナブルに!一風変わった植物由来のヴィーガンレザー

アパレル業界を中心に、生地のサステナブル素材への切り替えが進んでおり、石油由来の合皮から植物由来のヴィーガンレザーへ切り替えるブランドも見られます。
その植物由来のヴィーガンレザーの、“植物”に着目した一風変わったヴィーガンレザーの生地が開発され始め、各ブランドや企業から注目を集めています。
ここでは、私たちの身近にある植物を活用した、サステナブルなヴィーガンレザーの事例をご紹介します。

りんごのヴィーガンレザー

出典元:https://www.nichimou.jp/apple-leather/

ジュースをつくる際に廃棄される皮や芯を活用してうまれた“アップルレザー”。
樹脂層にりんごの粉末が混ざっており、軽くて柔らかい生地に仕上がるそうです。
自動車メーカー「フォルクスワーゲン」がシートの表面にアップルレザーを採用するなど、次世代の新素材として注目を集めます。

サボテンのヴィーガンレザー

出典元:https://desserto.com.mx/why-desserto%3F

サボテンが自生しているメキシコで生まれた“サボテンレザー”。
サボテンの葉の粉末を加工して生産されます。
サボテンは、少ない水の量で栽培可能で、二酸化炭素も吸収できるという環境にやさしい植物。
イタリアの世界最大級の皮革見本市で登場した際には「高級ブランドの使用にも最も適する」といわれたほど、良質なヴィーガンレザーとして評価されました。

きのこのヴィーガンレザー

出典元:https://www.mylo-unleather.com/

キノコの菌糸体を培養し、複雑に絡み合うことで革のような繊維を作り上げるという“キノコレザー”。
菌糸体は数週間で成長するそうで、本革に比べて圧倒的に生産効率が良いのが特徴。
エルメスやアディダスなどのブランドが、キノコレザーを採用したプロダクトを発表し話題となりました。近々製品としての発売も予定されており、さらに注目が集まると予想されます。

パイナップルのヴィーガンレザー

出典元:https://www.ananas-anam.com/about-us/

パイナップルの葉の繊維を活用した“パイナップルレザー”。
生地を作るためにパイナップルの葉を農家から買う、パイナップル農家は廃棄していた葉を売ることで収益得る、という良い循環がうまれているそうです。
手触りは革とは少し異なった触感で、軽さ、独特のシワが新しいと注目を浴びています。

以上のように、現在さまざまな植物性の素材を原料としたヴィーガンレザーの研究開発、製品化が進められています。
これらの植物由来のヴィーガンレザーが一般的に市場に浸透していくのはまだ少し先になるかもしれませんが、今後製品化が進んだ時、りんごやパイナップルなどのレザーが並んでいる光景はなんだか瑞々しくて楽しそうですね。

今回は、注目のエシカルな素材「ヴィーガンレザー」についてご紹介しました。
トランスでも植物由来のヴィーガンレザーを使用したグッズ製作を行っています。
エシカル・SDGsの取り組みを推進できる素材でグッズ製作をしてみませんか?

関連コラム

エンターテインメント×SDGs アーティストたちのサステナブルな活動

エンターテインメント×SDGs アーティストたちのサステナブルな活動

各業界に広がるSDGsへの意識。ライブグッズに環境配慮グッズを取り入れるなど、アーティストの中でもサステナブルな活動が広まりつつあります。今回はアーティストによるSDGsにまつわる活動事例をご紹介させていただきます。

サステナブルな素材『再生PET』を使ったエコバッグ

サステナブルな素材『再生PET』を使ったエコバッグ

『再生PET』は、回収された使用済みペットボトルを原料として生産されたポリエステル繊維です。今回は、サステナブルな素材、『再生PET』生地を使ったオリジナルエコバッグをご紹介します。

トランスのコラムに関する
ご質問・ご感想はこちらから
【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

環境にもやさしい「草木染め」とは? その方法やグッズもご紹介!

古代の日本から伝わる伝統的な草木染め。サステナブルな素材が注目を集める現在、再びクローズアップされています。地球環境にもやさしい草木染めの方法やオリジナルグッズ例をご紹介していきます。

【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

繊維廃棄物再利用フェルトボード『アップサイクルボード®』をつかったオリジナルグッズ

衣料品の端切れや残反、廃棄衣料などをリサイクルしてできたフェルト素材『アップサイクルボード®』をつかった、サステナブルなオリジナルグッズをご紹介します。

【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

メルボルン発のオリジナルタンブラー“STTOKE”の魅力

優れた機能と美しいフォルムが魅力のオリジナルタンブラー。メルボルン発のブランド“STTOKE”のタンブラーをご紹介。

【展示会】エコプロ2016 最新ノベルティグッズおすすめ5選!

【2021最新】企業のSDGsの取り組み事例17選|17の目標達成のために行われている取り組みを紹介!

企業のSDGsの取り組み事例をご紹介するコラムの第2弾です。2021年最新の事例を中心にご紹介します。注目度の高い取り組み事例を通して、自社ならではの取り組みを検討してみませんか。