SDGsの取り組みにおいて、たびたび目にすることがあるキーワード「アップサイクル」。

「アップサイクル」とは、捨てられるはずだった廃棄物や不用品を、新しい製品にアップグレードすることです。

布を織った際の繊維くずや、服を作る工程で出るハギレなどを利用した新しい素材がエシカル素材として注目されています。

今回は「アップサイクル」についてを詳しく解説しながら、アップサイクリングによって生まれた様々な商品・グッズの事例を紹介していきます。

アップサイクルボード|繊維廃棄物再生フェルトのオリジナルグッズ

》あわせて読む

アップサイクルボード|繊維廃棄物再生フェルトのオリジナルグッズ

詳しくはこちら >

SDGsキーワード「アップサイクル」とは?

アップサイクル,サステナブル、エシカル,SDGs, ,オリジナルグッズ,企画,製作

捨てられるはずだった廃棄物や不用品を活用し、
新しい製品に生まれ変わらせたものが「アップサイクル」製品です。
布を織った際の繊維くずや、
服を作る工程で出るハギレなどの製品の製造過程で出る廃棄物、
工事現場の横断幕、壊れたビニール傘、廃棄タイヤのチューブなど、
使い終わって本来ならそのまま廃棄される製品の一部を再利用して、新たな価値のある製品に生まれ変わらせることが特徴です。

「アップサイクリング」

創造的再利用とも呼ばれており、製造工程で出る廃棄物や副産物、不要になった製品をより良い品質にする、付加価値を付ける、などのアップグレードした製品に変換するプロセスのことを指します。
「アップ」と逆の意味になる「ダウンサイクリング」は、材料や製品を低品質の新しい素材に変換する際にも使われる言葉になります。従来の多くのリサイクルでは、元のものより品質や価値が下がり、最終的にはゴミになってしまうことから継続性がないとされることがあります。

アップサイクルとリサイクルの違いとは?

リサイクルは、廃棄物や不用品を一度細かく粉砕したり融解したりして、製品が作られる前の資源の状態に戻してから再度、製造します。ペットボトルから作られるフリース素材などの繊維、紙ごみから作る再生紙などはリサイクルに当たります。

一方、アップサイクルは不用品の素材や特徴をそのまま活かして、より良い新たな製品を作り出すことをいいます。

アップサイクル・リメイク・リサイクル・リユース・リデュースそれぞれの意味

アップサイクル

不要になった物をそのまま活かしつつ、手を加えて新しい製品に作り変える。廃棄物や不要になった製品を、より価値のある新しい製品に生まれ変わらせること。

リメイク

不要になったものをそのまま活かして他の製品にする点は、アップサイクルと類似する。ただし、アップサイクルは再利用した製品がアップグレードされていることが前提だが、リメイクは価値がアップグレードされていないものも含まれた意味合いになる。
古着から作る手作り小物などは、リメイク製品といえるが、アップサイクル製品とは見なされないことが多い。

リサイクル

不要になった製品を一度資源に変えて原材料に戻してから新しく製品を作ること。ペットボトルを原材料として繊維にして製造した衣類や、古紙から作る再生紙やトイレットペーパーがリサイクル製品に当たる。

リユース

不要になった物をそのままの形で再び使用する。ビールの空き瓶を洗浄・消毒して再び使用することや、中古買取専門店などを通して不要になった衣類や家電・家具を他の人に使ってもらうこともリユースに当たる。

リデュース

そもそものゴミが出ないように、不用品や廃棄量を減らすための取り組みや動きのことを指す。

プラごみに新たな価値を与える|100%リサイクルプラスチックグッズ

》あわせて読む

プラごみに新たな価値を与える|
100%リサイクルプラスチックグッズ

詳しくはこちら >

アップサイクル素材の特徴

元の製品を加工して、より価値のある製品にアップグレードすることが特徴の「アップサイクル」。
アップサイクルされた素材によって製造された製品は、既存の製品に比べて希少性や付加価値が付きます。

近年は、ハイブランドも積極的にアップサイクル素材を採用した商品を販売しています。
さまざまな廃材がバッグや靴などのファッションアイテムに生まれ変わり、SDGsを取り入れた新たなファッショントレンドとして広がっているようです。

アップサイクルに使われる素材例

  • 布ハギレ・繊維くず
  • 木材・古紙
  • 帆布・横断幕
  • タイヤ・ビニール傘
アップサイクル,サステナブル、エシカル,SDGs, ,オリジナルグッズ,企画,製作

アップサイクル素材の製造工程

アップサイクルで作る製品が既存のリサイクルと大きく違うのは、リサイクルが素材を一度分解・融解・粉砕するなどの工程が入るのに対し、アップサイクルは解体・洗浄などはしても、化学的な分解・融解などを行わず、そのまま素材として使う部分にあります。
アップサイクル製品は、その製造工程で化学的な分解などを極力行わないことにより、コストとエネルギー削減が可能で、さらに環境負荷を減らすことができます。
一見すると既存のリサイクルより、かえって手間がかかるようにも思えますが、利益だけでなくコストや環境を含めた長期的な視野で考えれば持続可能な製品製造になるでしょう。

アップサイクル商品の事例

上記のような素材を使ったアップサイクル製品を、実際に商品として取り扱っている事例をいくつか紹介していきます。

NEWSED

アップサイクル、SDGs、エシカル、オリジナルグッズ

出典元:https://newsed.jp/

シートベルトやエアバッグ、机の天板などを使ったアップサイクルグッズ

アクリル端材や布の端切れのほか、車のシートベルトを使ったリボンタイ、エアバッグを使ったレジャーシート、学校机の天板を使ったトレー、木琴の鍵盤を使ったボトルオープナーなど、さまざまな廃材を活用したおしゃれなグッズを展開しているアップサイクル商品専門のブランド。ポケモンなど、IPコラボのアップサイクルグッズも取り扱っています。

SEAL

アップサイクル、SDGs、エシカル、オリジナルグッズ

出典元:https://www.seal-brand.com/

タイヤチューブを使ったビジネスバッグや小物のアップサイクルグッズ

廃棄されるタイヤのチューブを活用したビジネスバッグや靴、小物など、さまざまな廃材から製品を生み出すブランド。
なかでも、タイヤチューブ特有の耐久性、耐水性を生かした、機能性の高いデザインのボディバッグが人気商品。
タイヤチューブのほかパラシュート生地を使ったバッグや小物も。アウトドアでも使えるタフな素材を活かしたグッズが特徴です。

PLASTICITY

アップサイクル、SDGs、エシカル、オリジナルグッズ

出典元:https://plasticity.co.jp/

廃棄されたビニール傘を使った鞄や小物のブランド

「10年後になくなるべきブランド」を宣言し、国内で年間8000万本が消費されるビニール傘を使ったアップサイクルブランド。
リサイクルが難しいとされる素材であるビニール傘を、可能な限り環境に負荷のかからない製造工程でオリジナルバッグに生まれ変わらせています。
丈夫で汚れにくく、耐水性の高い素材のバッグや小物は、傘のビニール部分を何重にも圧着させることで実現。
半透明のほか、カラービニール傘から作ったクリアトート型のショッパーも人気です。

CIRCULATION SHUTOKO

アップサイクル、SDGs、エシカル、オリジナルグッズ

出典元:https://www.shutoko.jp/ss/c-shutoko/

首都高で使った横断幕や看板、廃タイヤのグッズ

首都高リサイクルプロジェクトで生まれたアップサイクルグッズ。
首都高で実際に使われていた横断幕や、案内看板、廃タイヤなどを使っています。
ターポリンなどの丈夫で耐水性のある横断幕の素材を活かしたトートバッグ、案内看板を使ったスケートボード、廃タイヤと横断幕で作ったサンダルなど、1つ1つが過去には道路現場で使われていた素材なので、味わいのある1点ものです。

アップサイクル、SDGs、エシカル、オリジナルグッズ
+ethical(プラスエシカル)

TRANS独自プロジェクト!

+ethical(プラスエシカル)

SDGs/サステナブルに対応したマーケティング活動を、“エシカル”を取り入れたモノづくり・コトづくりでお手伝いさせていただきます。

詳しくはこちら >

不用品に新たな価値を与えるアップサイクル商品

廃材や、不用品を、素材として生かし新たな価値を与える「アップサイクル」。
既存のリサイクルやリメイクとの違いや、事例を紹介してきました。

「アップサイクル」製品の特徴

  • 元の素材の特徴を生かす
  • 再資源化コストを削減する
  • 環境負荷をかけない
  • 元の製品より高い価値を与える

これらの特徴を踏まえたアップサイクル製品は、サステナブル商品としても注目を集めています。
ハイブランドからサステナブル専門ブランドまで、SDGsへの意識が高まる各世代に向けてアップサイクル製品が取り入れられつつあります。そうして生まれたアップサイクルグッズは単なるリサイクル製品ではなく、高い品質と希少性から、プレミアグッズとしての価値も付き、高級アパレルグッズにもなりうるのです。

アップサイクル、リデュース、ゼロウェイスト…グッズやアパレルのブランドでも、さまざまなサステナブル商品の開発を通して、消費者の消費行動そのものの変化を促す取り組みを進めています。

関連コラム

ごみやムダのない社会を目指す“容器返却”や“ラベルレス”の取り組み事例

ごみやムダのない社会を目指す“容器返却”や“ラベルレス”の取り組み事例

無駄・ごみ・浪費をなくし、廃棄物自体を減らす考え方
「ゼロ・ウェイスト」に取り組む企業の事例を紹介!

紙と植物から生まれたプラスチックフリーなタンブラー『PAPLUS®(パプラス)』の魅力

紙と植物から生まれたプラスチックフリーなタンブラー
『PAPLUS®(パプラス)』の魅力

プラスチックのよる海洋ごみ削減に貢献できる、石油由来のプラスチックに替わる、植物由来の素材を使ったタンブラーをご紹介!

白峯アサコ

アップサイクルグッズには、実はとてもかわいいデザインのものが多いことがわかりました。
機能性も耐久性も高いのは間違いないので、次に新調するモノには、何かしらアップサイクルグッズを取り入れてみたいと思っています。

トランスのコラムに関する
ご質問・ご感想はこちらから

地方創生のエンタメ活用事例|内閣府が推進する地方創生SDGsも紹介

全国的な地方創生の流れの中で、エンタメ活用が増加!そこでエンタメ活用の事例と内閣府が推進する地方創生SDGsを合わせて解説していきます。

EXPO2025|大阪万博グッズに見るSDGs素材とマーケティング考察

2025年に開催予定の大阪万博(EXPO2025)開催まであと3年。SDGsへの取り組みも注目される大阪万博では、公式グッズにもサステナブル素材が導入されています。大阪万博グッズから見えてくるSDGs近況とグッズマーケティングを考察していきます。

サブスクもエシカル消費の時代に!注目されている理由や事例も紹介

サブスクが定着した昨今、エシカルなサービスも拡充されています。最新の事例や注目されている理由を紹介します。

漁網リサイクル|廃棄漁網で作るリサイクルグッズを集めてみました!

廃棄漁網をリサイクルするために尽力する企業の取り組みや、漁網からできたリサイクルグッズをご紹介します。