03-5468-9411
9:00~18:00 土日祝日を除く

今回は、2月前半にトランスが出展した『イベント総合EXPO』にて展示させていただいたアパレルグッズをご紹介させていただきます。ライブコンサートグッズには欠かせない、オリジナルTシャツ、オリジナルパーカーイベントやツアーごとに新しく作ることがほとんどかと思います。ファンにとっても楽しみなアイテムのひとつでありますが、「毎回同じようなTシャツでマンネリ化」してはいませんか?トランスでは、海外生産のフルオリジナルTシャツが、500枚から作製可能です。(※一部例外あり)それでは、今トランスがおすすめするトレンド着映えTシャツの仕様をご紹介いたします。

脱マンネリ化!フルオリジナルアパレルグッズ

「海外でフルオリジナル製作」と聞くと、大ロットのイメージがありますよね。トランスではみなさまからのご要望に柔軟にご対応すべく、「小ロット(500枚~)」(※一部例外あり ※要ご相談)でご対応ができる生産背景が整っております。下記海外でオリジナル製作するメリットをまとめした。

印刷範囲が自由
既成ボディの場合、印刷範囲が限られます。一方オリジナル製作では、印刷→縫製の順番なので、印刷可能範囲がぐっと増えます。
シルエットが自由
既成ボディの場合、印刷でしか差別化することができません。フルオリジナル製作の場合はシルエットから企画可能なので、アパレルブランドと同じスピード感で流行ファッションを再現することができます。
ボディの色が自由
既成ボディの場合、カタログに希望の色がないことも多々あると思います。海外製作なら、生地を染めるところから企画できるため、アーティストのイメージカラー、メインビジュアルカラーに紐づいたグッズが作れます。
コスパが良い!
既成ボディを利用するとデザインによっては加工代金が高額になります。海外製作は、国内の同じ仕様の加工に比べて、加工コストを安く抑えることが可能です。

印刷や加工でこだわり表現

フルオリジナルで製作する場合は、印刷範囲を気にすることなくデザインができて、国内だとコストが上がってしまう加工も海外なら低コストで実現可能です!それでは、こだわりの表現方法をご紹介します!

総柄(シルクスクリーン印刷)
連続柄を散りばめたプリントは、縫製の前にプリントするからこその再現でオリジナリティが高い。総柄でも散りばめるロゴやマークの大きさで印象が大きく変わります。
ホログラム(転写シート)
光の反射で見え方が変わり、華やかでアクティブな印象を与えます。ホログラムシートは、コストは高めですが海外で作製すれば国内よりもコストを圧縮することができます。
全面フルカラー(昇華転写)
ポリエステル生地に昇華転写で印刷しています。インクを生地に染み込ませる手法なので、生地感を損なわずに全面印刷することが可能です。フルカラーや濃淡の表現が得意なので、アーティストの肖像の再現にも適しています。
刺繍
高見えする名入れ方法。既製品では不可能な袖部分への名入れも可能なので、アパレルブランド品のような高級感も演出できます。

シルエットも自由にカスタマイズ

フルオリジナルで製作する場合は、印刷加工方法だけでなく、生地、シルエット、パーツもカスタマイズすることが可能です!それでは、今人気のシルエットをご紹介します。

ビッグシルエット
通常サイズより大きめに作ることで、ゆったりとしたシルエットがラフでかわいい。会場で購入した直後に着るのを想定すると、ビックシルエットはインナーやボトムスにも合わせやすい。ベーシックなTシャツも、あえて大きいサイズを購入して着るお客さんも多いようです。
ラガーシャツ
話題のラグビーのユニフォームをモチーフとしたTシャツ。ライブ会場が球場や競技場の場合、Tシャツをユニフォーム風にデザインするアーティストも増えています。生地の編立てから企画できるので、ボーダーの間隔をカスタマイズすることが可能です。
配色切り替え
生地を縫い合わせて配色を切り替えたパーカーです。切り替える箇所や配色次第で、大きく印象が変わります。目を引くデザインは、より一層イベント会場の一体感を高めること間違いなし!
アノラック
「アノラック」とは登山用の防寒着として開発されたパーカー。前身頃の大きなポケットには、携帯する小物を入れられます。ファッションアイテムとしてアパレルブランドからも続々発売されている大注目シルエット。トランスでは、普段使いできるアウター系の実績が増えてきています。
アシンメトリー
数年前から左右非対称の洋服をカジュアルブランドでも多く見るようになりましたね。圧倒的にオリジナル感のある、「パーツごとの配色切り替え」に挑戦してみませんか。

色展開で「集めたくなる」「並べたくなる」Tシャツ

海外フルオリジナル製作は、生地染めから企画可能なため色展開も自由に表現できます。ファンが、推し、自担のメンバーの色を購入するのはもちろんですが、自ユニ(自分が押しているユニット)全員の色も集めたくなったり、ファン同士で着て写真を撮る楽しみが増えたりと『ファン心を刺激するTシャツ』を企画製作しませんか?

さて、いかがでしたでしょうか。

ライブコンサートグッズのT シャツは、ファンに購入して着てもらうことで「ライブ会場の空間演出」を担う大切なアイテムです。ファンに着たい!と思ってもらえるTシャツ企画のためには、ファン層を意識する必要があります。「会場でついつい着画(着ている画像)をUPしたくなる」「ライブ後は部屋着としてだけではく、外に着ていけるような普段使いできるデザインが良い」などファン心理の分析をもとにした企画をトランスからご提案させていただきます。今回ご紹介させていただいたTシャツ、パーカーは実際にご覧いただけますので、お気軽に営業担当までご相談ください。

ご紹介したグッズは、弊社でも近しいアイテムのご提案・作製が可能です。

  • 「フルオリジナルのアイテム」を作りたい!
  • 予算内で高見えするオリジナルグッズを作りたい!
  • 今の流行りを取り入れたグッズを提案して欲しい!

など、ぜひお気軽に各営業担当までご相談ください。

関連サービス

ライブコンサートグッズ 企画・製作

コンサートオリジナルグッズのMD企画・製作から販売まで、コンサート物販をトータルでサポートします。

キャラクターグッズ 企画・製作

アニメやゲームのキャラクターオリジナルグッズも多数製作しています。デザインもサポート可能。

メルウチカリコ

株式会社トランス入社3年目。ライブ会場は、観光地のお土産屋さんと同じで「金銭感覚」が鈍ります。「今日ここでしか買えない」という気持ちよりも、「今日は特別だから★欲しいグッズは買って、今月の食費節約しよっ」というような気持ちが大きく、買う予定がないグッズも買ってしまいます。会場特有のアーティストのパフォーマンスを見れる!見れた!時の高揚感に頼るだけでなく、「グッズ単体で見ても超欲しい♥」と思わせるグッズ企画のために、トランス社内では日々社員ひとりひとりがグッズ情報を共有しています。 〔撮影協力:社内でよく見間違われるシルエットがそっくりな新入社員のふたり〕

トランスのコラムに関する
ご質問・ご感想はこちらから