定額制でさまざまなサービスを提供するサブスク(サブスクリプション)サービス。
代表的な音楽・動画の視聴サービスに始まり、車、服、アクセサリー、コスメといったモノをユーザーの好みに合わせてサブスクで提供するビジネスモデルが注目されています。

従来は音楽や映像などのソフト提供やレンタルがメインだったサブスクサービスですが、最近ではモノの購入型サブスクも増えてきました。
今回は、モノのサブスクで注目したい事例とともに、キャラクターグッズをサブスクで提供することで狙えるメリットや、サブスク向きのグッズは何なのかを考えていきます。

いろんなジャンルのモノのサブスク6選

モノのサブスクには大きく分けてレンタル型と購入型の2種類があります。

レンタル型のサブスク → 服・アクセサリー・車・家具な

レンタル型では、一定期間のレンタル利用後後、気に入ったらそのまま買い取れるものも多くあります。

購入型のサブスク → 花・コスメ・お菓子・グッズなど

購入型では、無期限の定期便と期間限定の定期便があり、どんな商品が入っているか届くまでわからない、というサプライズ要素のある内容のものが多

オリジナルグッズであれば、コスメやお菓子と同じく、定額で購入するタイプのサブスクとの相性が良いでしょう。実際に今提供されているモノのサブスクの実例を紹介します。

洋服のサブスク「air closet」(定額レンタル型)

洋服のサブスク例

(引用元)
https://www.air-closet.com/
月額制で洋服を借りられるファッションレンタルサービス。事前にファッションタイプを診断し、自分の好みに合わせたタイプで、プロのスタイリストがコーディネート。
レンタルなので、自宅のクローゼットを圧迫することなくファッションにチャレンジできる。

車のサブスク「KINTO」(定額レンタル型)

車のサブスク例

(引用元)
https://kinto-jp.com/
月額制で車を借りられる、トヨタのサブスクサービス。従来のレンタカーやカーシェアリングと違い、1台の車を3年、5年、8年の契約で月額を支払いながらマイカーとして利用するもの。
一般の車購入で必要な頭金や煩雑な契約手続きを減らすことができるのがポイント。

コスメ・ファッションのサブスク「My Littele Box」(定額購入型)

コスメ・ファッションのサブスク例

(引用元)
https://www.mylittlebox.jp/
パリ発のトレンドやシーズンに合わせたコスメやファッションアイテムが毎月届くサブスク。何が入っているか手元に届くまでわからないサプライズ型でありながら、どのファッションにも合うテイストでまとめられているのが特徴。

お菓子のサブスク「snaq.me」(定額購入型)

お菓子のサブスク例

(引用元)
https://snaq.me/
ワクワクを詰め込んだハッピーな「おやつ体験」をキャッチフレーズにした、お菓子の定期便。ビスケット、カステラ、どら焼き、ドライフルーツなど100種以上のお菓子から、食べきりサイズが8つずつ送られてくる。

お花のサブスク「bloomee」(定額購入型)

お花のサブスク例

(引用元)
https://bloomeelife.com/
ポストに届くお花の定期便。プランに応じた本数の季節の花が、保水された新鮮な状態で毎週あるいは隔週で届けられる。

絵本のサブスク「WORLDLIBRARY PERSONAL」(定額購入型)

絵本のサブスク例

(引用元)
https://www.worldlibrary.co.jp/personal
1~7歳の子供の年齢に合わせて毎月1冊ずつ厳選された絵本が届くサービス。絵本館など法人向けのレンタルサービスやオンラインショップも並行して運営されている。

今後の注目はキャラクターグッズのサブスク提供

レンタルではなく購入するタイプのモノのサブスク事例が増えてきている中で、キャラクターグッズをサブスクで提供するサービスも登場し、各業界からも反響がありました。グッズのサブスクということで、ここではそのサービス内容について少し深堀して解説していきたいと思います。

グッズのサブスク「サプライズボックス」(定額購入型)

グッズのサブスク「サプライズボックス」

(引用元)
https://surprisebox.jp/

キャラクターグッズのサブスクとして、2019年10月にサービスを開始した「サプライズボックス」。キャラクターグッズに焦点を当てたサブスクは国内では初めて(2021年4月時点)の試みと言われ、話題になりました。
「にじさんじ」「あおぎり高校」などVtuberグッズをはじめ、カピバラさんやウルトラマン、スポーツ選手のグッズなど幅広いジャンルのファングッズをサブスクの形で提供しています。

このサブスクは3500円、5500円、10500円とタイトルごとにプランを選んで申し込みを行う定期購入型。途中解除もできる無期限の毎月定期便、3か月限定便のほか、1回のみのものなど、タイトルによって様々なプランが用意されています。

何が入っているかは来てからのお楽しみ、という点でサプライズボックス(びっくり箱)の名の通り。サブスクでありながら、オンラインガチャにも似た、ワクワクとドキドキの体験を楽しめるのがこのサブスクサービスの大きな特徴です。

この「サブライズボックス」は、サービスのスタートから、継続率は95%、利用者の8割は1万円コースを選んでいるそうです。
(引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/996738baea7a8701cc29f20bb259d37c555a0502

キャラクターグッズをサブスクで提供するメリットは?

今までにない新しい試みともいえる、グッズのサブスクサービス。
その成功のポイントと、サブスクを利用したグッズ提供のメリットについて考えていきます。

【キャラクターグッズのサブスク提供の特徴】

先述の「サプライズボックス」で取り扱われていたサブスクのプランには、Vtuber、アニメキャラクター、マスコットキャラクター、俳優、スポーツ選手と、様々なジャンルがありました。
これらのコンテンツの特徴は、コアなファンがいることや、幅広い世代で長く愛されてきたキャラクターであることでした。「サプライズボックス」の特徴は、コンテンツとターゲット層にサービスがうまく合っていたことが成功のカギだったと思われます。

【サブスク「サプライズボックス」の場合の特徴】

どんなグッズが届くか開けてみるまでわからない →他の購入型サブスクにも見られる、オンラインガチャのようなドキドキ感が楽しめる
このサブスクでしか手に入らないグッズがある →グッズのレア度が上がり、コレクションしたくなる
使いやすい生活雑貨グッズが多い →子供や家族が喜ぶ、大好きなキャラクターが日常生活を彩ってくれる、という視点で展開している

【グッズをサブスク提供する3つのメリット】

一般的な店頭販売や通信販売ではなく、サブスクを使うことのメリットはなんなのかを以下にまとめてみます。

1.先の売り上げの見通しが立てやすく、在庫の管理がしやすい

グッズのサブスクの場合、多くは3か月~6か月の定期便プランでグッズを提供しています。事前に申し込みをしてもらってからサービスをスタートするので、ある程度の生産数を事前に見込めます。在庫の管理のしやすさは、定期便での提供の大きなメリットです。

2.「ここでしか手に入らない限定グッズ」でプレミア感を上げられる

オタク向けアニメ・キャラクタータイトルでは、“ここでしか手に入らない”限定グッズはファンにとっても魅力的です。グッズのサブスクでは、このサブスクでしか手に入らないグッズをコレクションする目的で利用するファンも多いと考えられます。
また、以前からアメリカで提供されているアメコミのサブスク「LOOTCRATE」では、現地の人気ユーチューバーが、届いた荷物を開けてどんな中身が入っているのか見せる様子「開封式」(unboxing)の配信をしており、この配信は視聴者にも反響があるそうです。
このことからもサプライズ要素のあるキャラクターグッズは、コレクター・オタク文化にも合致しており、サブスク向きでしょう。

3.コアなファンに刺さるグッズでビジネスの販路拡大を狙える

Vtuberやスポーツ選手個人の限定グッズをサブスク提供した「サプライズボックス」では、継続率が9割、10500円の最も高いプランを選ぶ人が多かったといいます。
ここから推察できることは、単体ではグッズ販路が広がりにくい発展途上のコンテンツやターゲット市場規模が比較的小さいがコアなファンが多いコンテンツこそ、サブスクを活用することでグッズ販路を切り開ける可能性があるということです。

サブスクでウケるのは、どんなキャラクターグッズか

サブスクでウケるグッズのイメージ

前項ではサブスクを利用したグッズ製作で狙えるメリットを紹介しました。
では、具体的にはどんなグッズがサブスク向けで、どんなターゲット層に合うのかを考えていきましょう。

ファミリー層に人気があるキャラクターの生活雑貨グッズ

レジャー用グッズ/キッチンツール/カトラリー/ティッシュやマスクなどの消耗品/玄関マットなどインテリアファブリック

ゆるキャラや人気のマスコットキャラクターのグッズでは、家族や子供と一緒に毎日使える生活雑貨や、生活を華やかにしてくれるかわいらしいデザインのインテリアグッズなどを組み合わせたものが喜ばれるでしょう。

コアなファンの多いコンテンツのプレミアグッズ

サイン入りグッズ/フィギュア/イメージアクセサリー

「他にはない、今ここでしか手に入らない」限定品や、マスコットフィギュアのようなやや高額なグッズこそ、コアなファンに向けたサブスクとの相性が良いでしょう。また、キャラクターのイメージアクセサリーをシーズンごとに定期便で少しずつ揃えていけるシリーズ企画なども良いかもしれません。

バリエーションをすべて揃えたくなるようなデザイン性の高いグッズ

手帳やペンなどのステーショナリー/ポーチやミラーなどのコスメ関連/傘やタオルなどの日用品

たくさんあっても困らないかわいいデザイン、全色揃えたくなるようなカラーバリエーションのコスメやファッショングッズ。
機能性が高くかわいければ、リピ買いや全色まとめ買いをする女性向けのグッズもサブスク向けでしょう。

グッズのサブスク化で見出せるメリットについて解説してきました。

音楽、映像、車、家具、日用品、食品、今やあらゆるモノがサブスクで提供されるようになりつつあります。
サブスク利用が定着してきたことで、ユーザー側も毎月定額でサービスを利用することへの抵抗感が減ってきており、今後は、キャラクターグッズを含めたモノのサブスク化がより注目されていくでしょう。

「キャラクター自体は好きだが、今までグッズを買うまでに至らなかった」という潜在的なファン層にも、デザイン性の高い生活雑貨の形で訴求することでグッズを手に取ってもらえる可能性もあります。

サブスクならではのメリットを活かせば、今までとは違うアプローチでグッズ製作企画ができるのではないでしょうか。
グッズ企画でのお悩みやご相談は、当社の営業担当までお気軽にお問合せください。

関連コラム

「推し、出る」オンラインガチャのメリットと事例

「推し、出る」
オンラインガチャのメリットと事例

ウィズコロナで注目が集まる「オンラインガチャ」のメリットを、事例を紹介しながら解説!

新たなマーケティング手法!令和の「ジャケ買い」グッズでプロモーション

新たなマーケティング手法!令和の「ジャケ買い」グッズでプロモーション

CD全盛期にあった「ジャケ買い」をマーケティングに取り入れた新しいプロモーション手法について解説!

トランスのコラムに関する
ご質問・ご感想はこちらから

【韓国雑貨研究】韓国ストリート編|ファッション雑貨・小物のトレンドを考察

Z世代を中心に安定して支持を集める韓国雑貨。今回の韓国雑貨研究では、「韓国ストリート編」ということで、ストリートテイストのファッション雑貨小物のトレンドを考察していきます。Z世代をターゲットにしたグッズ製作の参考にしてみてはいかがでしょうか。

Z世代のクリアポーチ最前線|映えてアクスタが入る推し活ペンケース

推し活が当たり前のZ世代。学生のペンケースやポーチにも、推し活できて使いやすいものが好まれる傾向にあります。定番グッズのクリアポーチやペンケースにも、そんな推し活ニーズをキャッチアップした商品が登場しています。今回は、今どき学生が選ぶ、人気のクリアポーチ最前線を紹介していきます。

EXPO2025|大阪万博グッズに見るSDGs素材とマーケティング考察

2025年に開催予定の大阪万博(EXPO2025)開催まであと3年。SDGsへの取り組みも注目される大阪万博では、公式グッズにもサステナブル素材が導入されています。大阪万博グッズから見えてくるSDGs近況とグッズマーケティングを考察していきます。

Z世代が注目『温泉タオル』|風情ある“普通のタオル”の魅力を解説

Z世代を中心にじわじわと流行が広がっている『温泉タオル』。レトロな雰囲気が趣深い“普通のタオル”の魅力を考察していきます。