海外ブランドをはじめとしたファッションブランドから販売され、じわじわと人気が上昇しているアイテム、「ショルダーポーチ」「ネックポーチ」を知っていますか?
その名の通り、肩掛け、首掛けのポーチで、共通の特徴は「ショルダーバッグ」よりもコンパクトであるという点です。
オリジナルグッズの定番品のポーチですが、新たなトレンドにはどのような特徴があるのでしょうか。そのヒントを探っていきます。

ショルダーポーチ・ネックポーチとはこんなアイテム

流行しているとは言え、まだあまり聞き馴染みのない方もいらっしゃるかもしれません。
まずは、ショルダーポーチ・ネックポーチの流行状況や、ポーチの中でどのようなポジションに位置するのか見ていきます。

流行状況

キャッシュレス化の影響からか、トレンドが続いている小さめのバッグ。
スマホさえあればなんとかなる、クレジットカードがあれば出かけられる、という人の増加に比例して、スマホやクレジットカードと小銭だけを入れるのにちょうどいいサイズのバッグの需要が高まっています。

そこで登場した、バッグとポーチの中間に位置するアイテムであるショルダーポーチ・ネックポーチ。
容量は最低限でバッグよりも小さく、今までのポーチにはなかった、オシャレに身に着けるという点が、今までにありそうでなかったポイントです。

ファッションアイテムとしての役割

小さくなったバッグは、「手に持つ」から「身に着ける」アイテムへと幅を広げ、身軽に外出したい人たちのニーズにマッチするようになりました。
全身のコーディネートにおける面積が小さいので、シンプルな服装に差し色として使ったり、異なった素材を取り入れてアクセントにしてみたりするなど、アクセサリー感覚でポーチを身に着けることができます。

「サコッシュ」と何が違う?

サコッシュは「袋」を意味するフランス語“sacoche”が語源で、自転車レースの補給ポイントで選手にドリンクを渡すための袋として使われていたものが起源であるといわれています。
ファッションアイテムとして流行したことで、さまざまな素材のサコッシュが登場しました。
基本的にはマチがなく薄型のシンプルなバッグで、形状は横長が主流です。
一方ショルダーポーチ・ネックポーチは、「バッグ」の役割に加え、「アクセサリー」の要素も大きいため、縦長の長方形や巾着型、レザーやPVCなど、形や素材に多くのバリエーションが見られます。

ショルダーポーチ・ネックポーチのそれぞれの特徴

次に、ショルダーポーチとネックポーチそれぞれの特徴を比較していきます。
似ている2つのポーチですが、違いを知っておくことで企画の趣旨やターゲットに合わせやすくなるでしょう。

ショルダーポーチ

ショルダーポーチ ネックポーチ トレンドのオリジナルポーチを製作するヒント

スマートフォンが入る程度の大きさで、肩から掛けられる仕様が主流です。
スマートフォンを入れるメインポケットと、リップや鍵、カードなど細かいものを入れる小さなポケットがあると、コンパクトながら必要な持ち物を入れられるので便利です。
ネックポーチと比べると「バッグ」としての要素が強めです。

ショルダーポーチ ネックポーチ トレンドのオリジナルポーチを製作するヒント

ファスナーやスナップボタンよりも簡単にワンタッチで開閉できる「バネ口ポーチ」もおすすめ。
片手で開け閉めできるので、アウトドアシーンなどでも活躍します。

「バネ口ポーチ」を詳しく見る

ネックポーチ

ショルダーポーチ ネックポーチ トレンドのオリジナルポーチを製作するヒント

ショルダーポーチよりも一回り小さいサイズで、バッグというよりコインケースに近いアイテムです。
小物の他にクレジットカードや小銭をいれておき、「財布」としての役割を持たせているネックポーチもみられました。
ストラップの太さは細めでも、ポーチ自体が小さく容量も少ないので、首に負担がかかる心配はありません。

ショルダーポーチ ネックポーチ トレンドのオリジナルポーチを製作するヒント

こちらもワンタッチで開閉できるバネ口ポーチタイプ。
バッグの中身が外から見える「クリアバッグ」がトレンドですが、中身がごちゃごちゃしてしまいオシャレに見えない、という方にもおすすめのコンパクトサイズ。
少しの小物を首から下げるだけでファッションにアクセントを加えられます。夏のイメージがあるクリア素材ですが、落ち着いた配色にすることで、秋冬シーズンでも活躍できます。

「パイピングクリアポーチ」を詳しく見る

その他の個性的なショルダーポーチ・ネックポーチ

Airpodsケース

ショルダーポーチ ネックポーチ トレンドのオリジナルポーチを製作するヒント

海外のハイブランドから続々と登場し、注目を集め始めた「ストラップつきAirpodsケース」。
ワイヤレスイヤホンの中でもケースの種類が豊富かつオシャレなものが多いAirpodsをアクセサリーとして身に着けられるように長いストラップをつけたモノに注目。
オリジナルグッズとしても人気のAirpodsケースの新しい形です。

ショルダースマホケース

ショルダーポーチ ネックポーチ トレンドのオリジナルポーチを製作するヒント

スマホケースにストラップがついているタイプで、ショルダーポーチよりもさらにミニマルさを追及したかたち。
仕事で電話する場面が多いという方や、写真を撮りたいシーンの多いレジャーシーンなど、スマホをすぐに取り出したいときに便利なオシャレアイテム。

リングマルチポーチ

ショルダーポーチ ネックポーチ トレンドのオリジナルポーチを製作するヒント

ストラップにリングがついており、コインケースやカードケース、キーケースなど、2、3個ほどのポーチがぶら下がっているタイプのショルダーポーチ。
ポーチの付け替えをすることで、コーディネートを変えることもできます。

新トレンド「ショルダーポーチ」「ネックポーチ」をオリジナルグッズで先取り

バッグでもない、これまでのポーチでもない新トレンドのポーチは、現在注目度が上昇中。
ポーチは、ノベルティや販売品として定番の人気を誇るオリジナルグッズです。
今回ご紹介した特徴を取り入れて、「ショルダーポーチ」「ネックポーチ」を製作してみてはいかがでしょうか。

関連コラム

オーロラ生地を使ったオリジナルグッズ

オーロラ生地を使ったオリジナルグッズ

季節を問わずおすすめ!圧倒的な存在感を放つ「オーロラ生地」。オーロラPVCやPUを使って、オリジナル企画・作製できるバッグやポーチの形状や加工方法をご紹介します。

配色パイピングキャンバスポーチ&バッグ

配色パイピングキャンバスポーチ&バッグ

人気のキャンバス生地縫製アイテムに「配色パイピング加工」を施すことで、視線を集めるおしゃれなアイテムに仕上げることができます。ボディ生地とパイピング生地の配色でオリジナルグッズの企画・製作をしてみませんか。

セウヘイ

株式会社トランス社員。私は外出する際は荷物が少なく、スマホ、財布、ワイヤレスイヤホン、をポケットに入れ、手ぶらで出かけてしまいます。今回紹介した中で気になったものはAirpodsケース。ストラップをつけてイヤホンをアクセサリーにしてしまうという発想に、ファッションの自由さを感じました。今後現れるであろうトレンドでは、身近にある意外なものがアクセサリーになっているかもしれません。

トランスのコラムに関する
ご質問・ご感想はこちらから

【韓国雑貨研究】韓国ストリート編|ファッション雑貨・小物のトレンドを考察

Z世代を中心に安定して支持を集める韓国雑貨。今回の韓国雑貨研究では、「韓国ストリート編」ということで、ストリートテイストのファッション雑貨小物のトレンドを考察していきます。Z世代をターゲットにしたグッズ製作の参考にしてみてはいかがでしょうか。

Z世代のクリアポーチ最前線|映えてアクスタが入る推し活ペンケース

推し活が当たり前のZ世代。学生のペンケースやポーチにも、推し活できて使いやすいものが好まれる傾向にあります。定番グッズのクリアポーチやペンケースにも、そんな推し活ニーズをキャッチアップした商品が登場しています。今回は、今どき学生が選ぶ、人気のクリアポーチ最前線を紹介していきます。

EXPO2025|大阪万博グッズに見るSDGs素材とマーケティング考察

2025年に開催予定の大阪万博(EXPO2025)開催まであと3年。SDGsへの取り組みも注目される大阪万博では、公式グッズにもサステナブル素材が導入されています。大阪万博グッズから見えてくるSDGs近況とグッズマーケティングを考察していきます。

Z世代が注目『温泉タオル』|風情ある“普通のタオル”の魅力を解説

Z世代を中心にじわじわと流行が広がっている『温泉タオル』。レトロな雰囲気が趣深い“普通のタオル”の魅力を考察していきます。