ソーシャルリスニングの利用シーン

ソーシャルリスニングとは、SNSやブログ上でユーザーが語っている声を集め調査分析することで、消費者インサイトの理解、業界の動向把握やトレンド予測、企業・ブランド・商品に対する評価の理解や改善に活かすことができるマーケティング手法です。こちらでは、ソーシャルリスニングの利用シーンをいくつかご紹介いたします。

従来のアンケートでは、無意識に模範的な解答をしてしまうことも多く、潜在ニーズを知ることは難しいことでした。 ソーシャルリスニングの場合は、実施したイベントやキャンペーンの反響を、ユーザーの生の声から集め、各施策が効果的だったのか測定します。得られる情報はより率直で有効なものになります。

次回のイベントやキャンペーンに活用

自社の商品やサービスについて、これまではお客様窓口への問合せや、クレームでしか得ることができませんでした。ソーシャルリスニングでは、ユーザーの声をより自然で率直な意見として集めることができます。

商品の改良や新商品開発に活用

ソーシャルリスニングでは、競合企業の商品やサービスについての評価や意見を集めることもできます。また、莫大な情報の中から、近い将来のトレンドや景気の動向を予測することができ、新たな需要を生み出すことも可能となりました。競合との差別化を図るためにも有効なデータとなります。

新商品や新サービスの発売前に活用

ソーシャルリスニングに関する詳しいお問い合わせはこちら >

こちらのサービスもおすすめ

その他の提供サービス