特殊インクを使用したシルクスクリーン印刷

POINT!

特殊インクと加工で シルクスクリーン印刷のオリジナリティをさらにUP!

同じシルクスクリーン印刷でも、インクや加工方法を変えるだけで、ガラッと印象が変わります。 特殊なインクや加工方法を一部ご紹介!

■グリッタープリント

  • グリッタープリント
  • 拡大

    グリッタープリント
透明のラバーインクにグリッターを混ぜてプリントする手法。ゴールド・シルバー以外にカラーやホログラムなども選択可能です。

■クラックプリント(ツヤ無し)

  • クラックプリント(ツヤ無し)
  • 拡大

    クラックプリント(ツヤ無し)
水性ラバープリントの経年変化によるひび割れを表現したヴィンテージ加工です。生地によってひび割れ具合に個体差が出ることも特徴で、ツヤ有りのプリントも可能。

■簡易抜染プリント

  • 簡易抜染プリント
  • 拡大

    簡易抜染プリント
あらかじめ染色された生地に、抜染剤入りの糊をプリントすることで染め色を抜く手法。濃色の生地に対して、染み込みプリントのような柔らかい風合いを表現できるのが特徴です。

■Wクラックプリント(ツヤ有り)+製品染め

  • Wクラックプリント(ツヤ有り)+製品染め
  • 拡大

    Wクラックプリント(ツヤ有り)+製品染め
油性ラバープリントが経年変化によってひび割れした感じを表現したヴィンテージ加工です。下地に白のインクを引くことで、古いプリント機で印刷したようなレトロな風合いに仕上げています。

■発泡プリント(プレス)

  • 発泡プリント(プレス)
  • 拡大

    発泡プリント(プレス)
インクの中の発泡剤が熱プレスによって膨張することで、丸みを持った立体感が表現できる手法です。

■低発泡プリント+箔プリント

  • 低発泡プリント+箔プリント
  • 拡大

    低発泡プリント+箔プリント
低発泡プリントの上に箔を圧着するプリント手法です。発泡剤の膨張部部には箔が均等につかないため、アンティークな風合いに仕上がります。

■スクラッチプリント+製品染め

  • スクラッチプリント+製品染め
  • 拡大

    スクラッチプリント+製品染め
刷るのではなく“擦り”付けながらプリントする手法です。版画に近い方法で、独特のかすれ具合・滲み感が特徴。1枚1枚表現が変化します。

■エアブラシプリント

  • エアブラシプリント
  • 拡大

    エアブラシプリント
捺染ではなく、エアブラシを使用してプリントする手法。シルクスクリーンの版を使用することで、様々な柄を表現することが可能です。エアブラシならではのクラフト感が特徴で、1枚1枚仕上がりが変化します。

■ジェルプリント

  • ジェルプリント
  • 拡大

    ジェルプリント
圧倒的な発色を誇る手法で、独特のみずみずしい印刷に仕上がります。シリコンのような触感が特徴です。

■蛍光プリント

  • 蛍光プリント
  • 拡大

    蛍光プリント
蛍光の顔料を使用したプリント手法です。通常の顔料よりインパクトのある発色が表現できます。染み込みタイプのインクと、生地の上にインクがのるラバーインクから選択が可能です。

シルクスクリーン印刷の特殊加工に関する詳しいお問い合わせはこちら >

こちらのサービスもおすすめ

その他の提供サービス