トランス社員の
ミュージアムショップ探訪
~スヌーピーミュージアム編~

2016年に六本木にオープンした『スヌーピーミュージアム』が、開館1周年を迎えました。みなさんはもう行かれましたか?

今回は、トランスのスヌーピー大好き社員がミュージアムで購入したオリジナルグッズをご紹介します。(トランスの社員は本当にグッズが好きなんです)

どのグッズも、スヌーピーミュージアムでしか購入できない特別な商品だそうです。
かわいいデザインとセンスあるアイテムに、大人の心も踊らされること間違いなし!

それではさっそく見てみましょう。

ハンドタオル

ノベルティとしても、売り物用としても需要が多いタオル。特にハンドタオルサイズは利用シーンも多いので、もらって嬉しいグッズの代表ですね。

こちらのタオル、部分的に織りの凹凸をうまく利用したり、素材違いのワッペンが縫い付けられているのがわかりますでしょうか。さりげない仕様の工夫が、グッと商品の魅力をアップさせます。

一口にタオルと言っても、サイズはもちろん、デザインの印刷方法や+αのオプションまで、さまざまなつくり方があります。一工夫するだけで、他とは違う新しさのあるタオルを製作することが可能です。

こんなときの参考にしてみてください。
★アイテムは定番が良いけど、工夫があるグッズを製作したいとき。
★ノベルティとしてではく、販売用に対応できるクオリティにしたいとき。

フローティングペン

思わず「懐かしぃ~」とおっしゃる方もいるのではないでしょうか。ペンの中でスヌーピーのフローターが動く仕組みのボールペンです。
全部で4種類のデザインが用意されていて、握る部分の色もそれぞれ違うそうです。
仕事に疲れた時、無心で何度もペンを上下させてしまいそうですね(笑)

ボールペンは、ノベルティのアイテムとして最も王道な商品ですが、フローティングペンは販売用としての需要が非常に多いです。

こんなときの参考にしてみてください。
★誰もが使うアイテムで、オリジナリティやユニークさを出したいとき。
★フローターに最適なキャラクターやデザインをお持ちのとき。

ブランケットメガネふき

こちらは「コンセプトグッズ」という表現が合いそうです。展示されている原画のエピソードがオリジナルグッズになっています。
“ルーシーがライナスにプレゼントしたメガネ拭きは、大切なブランケットを切り刻んだもの!”というシーンが描かれています。

なぜこのアイテムがセレクトされて、このデザインが入っているのか。それがわかった時にさらに魅力が増すアイテムだと思います。特に大人をターゲットに製作するのであれば、より効果がありそうです。

こんなときの参考にしてみてください。
★ただグッズを製作するのではなく、なにかゆかりのあるものやコンセプトを持たせたいとき。
★大人をターゲットにした、ひとひねりあるノベルティにしたいとき。

ブランドコラボオリジナルグッズ
ファイヤーキング・トミカ

スヌーピーミュージアムのオリジナルグッズでよく目にするのが、ブランドコラボ商品。
コラボ先のブランドもセンスが良く、スヌーピーのかわいらしいイメージとぴったりのものをラインナップしています。

今回購入したのは、こちらのファイヤーキングと1周年記念のトミカだったようですが、ほかにもたくさんのブランドとコラボした商品が並んでいたそうです。

ブランドとコラボレーションする場合に大切なことは、
◎自社のデザインやキャラクターと、コラボするブランドとのイメージがマッチするか
◎想定しているターゲットにマッチするコラボになるかなど、企画部分も重要になります。
効果的なコラボレーションを実施することで、既存のファンをより満足させることができたり、新たなファンを増やすことにも貢献してくれます。

以下のような課題をお持ちでしたら、ぜひコラボグッズも検討してみてください。
★これまでとは違うターゲットに、自社のデザインやキャラクターを手にしてもらいたい。
★自社のブランドやキャラクターの価値をより高めたい。

さていかがでしたでしょうか。
スヌーピーは昔から人気の高いキャラクターですので、誰もが一度はグッズを手にしているのではないでしょうか。
それでもこれだけ新しいオリジナルグッズを展開していて、しかもミュージアム限定の特別編集!製作している方はとっても苦労されていることと思います(笑)。でも企画されている方もきっと楽しいでしょうね!

トランスでは、ノベルティから販売用のオリジナルアイテムまで、幅広くご提案・製作が可能です。
自社のキャラクターをお持ちの場合でも、そうでない場合でも、あらゆる角度から最適なグッズをご提案しますので、ぜひお問い合わせください。

こちらの記事もおすすめ

こちらのサービスもおすすめ

その他の提供サービス