[ TRans TRend Goods Report ]文具女子博2018 plus②

トランスグッズレポートでは、ひよっこ社員、メルウチカリコが、グッズレポートしてゆきます。

今回は、2018年12月14日~16日に東京流通センターで開催された「文具女子博2018」のレポート2回目。4月12~14日で大阪でも開催される予定だそうです。(文具女子博2018plus①のコラムはこちら 

今回は、「文具女子」というワードが街中のお店でよく見られるようになりました。きっと、「文具男子」もたくさんいますよね。ステーショナリーは道具としての機能だけではなく、洋服のように「楽しむもの」「センスを追求するもの」になってきていると感じます。

バレットジャーナル」の大流行に伴い、「アナログ(紙)」→「デジタル(インスタにアップ)」と、きれいに作ったノートをSNSに投稿するという流れが多く見られるようになりました。インフルエンサーさんの中には、ノートに書いたイラストをInstagramにアップして、イラストレーターとして成功を収めている方も多いですよね。

前回の「文具女子博2018plus① 」に続き、大注目の最新ステーショナリーをご紹介させていただきます。ご紹介させていただくステーショナリーは、文具女子博で販売されていたものにプラスしてお店で一般販売されているアイテムも掲載しております。

#bujo#bulletjournaling#bulletjournaljunkie#bulletjournaladdicts#bulletjournals#bujojunkie#bojobeauty#bujoaddicts#bujoideas#bujofr#bulletjournalss#bujogram#bujo2019#showmeyourplanner#weekly#バレットジャーナル初心者#手帳タイム#手帳生活#手帳ゆる友#手帳好きさんと繋がりたい#手帳術#手帳の中身#システム手帳#手帳ゆる友#手帳術

(「#バレットジャーナル」のハッシュタグとともにつけられていたタグを拾ってみました。)

ずぼらでも手帳を楽しくデコりたい

今話題の「バレットジャーナル」。海外ではバレットジャーナルを略して「bujo(ブジョ)」と言います。ずぼらな私はいきなりバレットジャーナルはハードルが高そう…「便利でユニークな手帳グッズ」でワンランク上のスケジュール手帳作成から始めてみませんか。

「毎日が特別★…うーん」毎日イベントがあるとは限りませんよね。空白の日には、「仕事より大事なこと」シールをペタ。
「ローマ法王とカラオケ」「宇宙飛行士最終面接」など非日常的すぎるユニークなシール。

今、ユニークなペンが大渋滞?!「パステルカラー」「カラー筆ペン」「ドットペン」、文字に線を引く用途だけでなく、イラストを描く、ノートをデコレーションするペンが続出。鉛筆で絵が浮かび上がる、凸凹シートは簡単にイラストが描けて便利!

学校・会社でペタっとコミュニケーションしよう!

付箋市場が今アツい!!何かと日常使いする付箋。ユニークな付箋で、メッセージの重要度を上げたり、テキストでのコミュニケーションを楽しみませんか?付箋は「日常生活においていくつあっても困らない」「印刷範囲が広い」「大ロットでもかさばらない」などの特徴からノベルティの王道アイテム!形や印刷方法を工夫することで表現の自由度の高いアイテムと言えますね。

注目せざるを得ない、ハートの小窓。承認印を押してもらいたいところや、勉強で大切なポイントに。

じゃがりこの蓋にぴったりの大きさ。お菓子メーカーの公式グッズが面白い!

魅せる勉強 #勉強垢

「#勉強垢」のハッシュタグ投稿が熱い!学生はもちろん、社会人でも資格などで勉強する方いらっしゃいますよね。「え、この完璧なノート、頭に内容入ってるの?」という綺麗すぎるノートを撮影した投稿も…教科書もノートも、「自分が読めればOK」ではなく、「誰かが見て美しいもの、かわいいもの、かっこいいもの」であるべき。そして、誰かに見せるという目的があることで勉強が頑張れる♪もう、私が学生の時と全然違う世界が広がっているようです(震)

問題集で勉強あるある「間違えた問題に付箋貼り」。貼った時は「?」、理解できたら付箋の先をミシン目で切り取ることで「!」になる!切りとる楽しみがプラスされている。

学生あるある「プリント紛失問題」。専用シールをノートや参考書に配布されたプリントをきれいにつなぎ貼ることができる!

瓶に入った付箋。付箋は無防備に置いておくと汚れたり折れ曲がってしまう。ざっくりしまっておける瓶は便利だし、何と言ってもジャムの瓶みたいでかわいい。

フィルム、紙、ダイカット、いろんな種類の付箋が入っているのも嬉しい。

進化するマスキングテープ

1つ使い終わるまで待てない、どんどん増えるマスキングテープ。まさにマステ沼。文房具売り場でもマスキングテープ売り場がどんどん大きくなっています。トランスでも、作製のお手伝いをすることが多いマスキングテープ。「ノベルティにちょうどいい大きさ」「カラー印刷ができる」「ミニマムさと多様な活用シーンでコレクションしやすい」ので販売品としても人気です。

箔プリントが華やかなマスキングテープ。並べるだけで華やか。

マステは手で簡単に切り取れるけど、綺麗には切れない。そこでマステ専用のカッターが便利。

見た目は「付箋」、使い方は「フレークシール」、素材は「マスキングテープ」。ちょうどいい長さに切り取られたマスキングテープは、手帳に挟んで持ち運ぶのに便利。

韓国輸入文具で大人可愛く★

デスクに置いておくだけで注目が集まる?!私は、トランプメモを普通にメモとして使ってしまいましたが…、今流行りの「トランプレター専用」?!「52 REASONS I LOVE YOU」。恋人、夫婦、友人と、トランプ52枚分の相手の好きなところを書いてプレゼントするそうです。

一見メモができるのか?!と疑うビジュアル。何気ないメッセージもかけがえのないものに感じられそうですね。

ありそうでなかった?ブックマーカー。紐が飛び出してしまったテープみたい。

さて、いかがでしたでしょうか。
今回は実用性の高いユニークなステーショナリーをご紹介させていただきました。
世代を問わずニーズのあるステーショナリーで、アーティスト、キャラクターの特徴をとらえたオリジナルグッズを作製してみませんか。
今回はご紹介したオリジナル文房具(ステーショナリー)は、弊社でも近しいアイテムのご提案・作製は可能です。

など、ぜひお気軽に各営業担当までご相談ください。

メルウチカリコ

トランス入社3年目。コラムを書くにあたり、バレットジャーナルについて調べ、自分もできるかも?とりあえず1ページ作ってみようと思いました。しかし、白紙を目の前に何も描けませんでした。インスタでハッシュタグ検索して出てきた美しすぎるノートを尊敬します。ジャーナルに限らず自分ノートを誰かに見せるために描くという感覚、勉強が嫌いだった学生時代の私に教えてあげたい…。インスタグラムは、どんなシーンも作品にし、ポートフォリオ的存在として人々の生活の活力になっているんですね。そして私も活力にしたいと思います!

コラム・メルマガに関する
ご質問・感想はこちら

こちらの記事もおすすめ

こちらのサービスもおすすめ

その他の提供サービス