[ TRANS BLOG ] タピオカを飲んでいたら、見えてきた!

今回は、トランスひよっこ社員メルウチカリコのブログとして、ややマニアックな視点でグッズをご紹介してゆきます。

2019年も残すは約1か月。キャッシュレスサービスの普及、天皇陛下の即位からの新時代のスタート『令和』、消費税10%、ラグビーワールドカップなど話題の絶えない1年でした。そして、特に男女問わず若者を中心に大きな存在感を放っていたのが、『タピオカドリンク』。まだ飲んだことがない方も街を歩けば意識せざるを得なかったはず。今年、日本に歴史的大流行をもたらした『タピオカ』というキーワードでピックアップしたアイテムをご紹介します。

読み進めていただくうえで、どこまで私のタピオカセンサーに共感いただけるか…楽しみながらご覧いただければと思います。

タピオカドリンクを飲んだらもらえたノベルティ

私のお気に入りのお店のひとつ、「Gong cha(ゴンチャ)」でもらったノベルティ。私が台湾の本格茶ベースのタピオカを飲むようになったのは2019年に入ってから…。新店舗がぞくぞくとオープンする台湾発のお茶の専門店は、同じブランドでも店の雰囲気を見に行きたくなってしまいます。レジカウンターでメニュー表を見るとあれこれ目移りして、注文する直前までベースのお茶とトッピングを迷ってしまうのも楽しいところ。

これからはマイバッグとオリジナルドリンクホルダー?

タピオカを含むカップドリンク片手に歩くということが当たり前の光景となった今、注目すべきアイテムが、『カップドリンクホルダー』。タピオカ屋さんをみつけたら飲んでしまう人、これからはバッグに1つ忍ばせておくべき必需品になる予感・・・4月からレジ袋有料化が予定される中、エコ&節約にもなります。また、手に提げて持てるため片手がふさがらず、ファッションアクセントにもなりますね。個人的に、ドリンクホルダーが普及することで社会問題となっている道端の空の容器が少しでもなくなることにつながればと願うばかりです。(手から提げられるので家まで持って帰るストレスが減る)

コンビニのプラスチックカップのMサイズがすっぽり入るサイズの保冷保温効果のあるステンレスタンブラー。売り切れることもある今話題のアイテム。①氷がなかなか解けないので冷たい&薄まらない&ゆっくり飲める。②手に温度が伝わりにくく、冬に冷たい飲み物が飲みたくなったときも手にあまり冷たさを感じません。

台湾から取り寄せたスターバックスオリジナルのドリンクホルダー。日本よりいち早くレジ袋禁止となった台湾ではドリンクホルダーは必要不可欠。日本でタピオカブームが落ち着いたとしても、コーヒーやお茶をテイクアウトする文化は持続するはずなので日常使いアイテムとして製作してみるのも◎。

タピオカを模したオリジナルアイテムが映える

タピオカドリンク人気の理由は、美味しさだけでなく見た目にも。選んだお茶の種類、ジュースの種類で印象が変化し、そこにトッピングしたタピオカが沈む様子…。写真一枚でSNS投稿の説明が完結するブランドごとの個性的なパッケージ…。それらのビジュアルは、飲むたびに毎回写真を撮りたくなってしまいます。この魅力をグッズに落とし込めばと同じく映えるアイテムになること間違いなし!

黒糖ミルクティータピオカをリアルに再現したパッケージがかわいい。中にはミルクティー色のトートバックが入っています。4月からスタート予定のレジ袋有料化は、タピオカブームの中心にいる10〜20代女子の財布をつつくはず。楽しく可愛くエコバッグを持てる工夫が光ります!「エコバック」に関するコラムをみる

毎日肌身離さず持ち歩くスマホケースにこだわるのはもう当たり前。今、スマホの次にこだわるべき機器アクセサリーは、Bluetoothワイヤレスイヤホン「AirPods」ケース。利用者増加にともない専用ケースが続々登場。シリコン素材の立体タピオカケースが愛おしすぎる!

これぞ最もリアルなタピオカグッズ。タピオカとなるビーズの色、液体の色で印象がガラッと変わります。コンサート物販グッズとして、メンバーごと、地域ごとにそれぞれの色を変えれば、思わず並べて飾りたくなるコレクション欲をくすぐるアイテムに。(「コンサートグッズ」に関するページをみる

手持ち映えするカップドリンクモチーフ

タピオカドリンクをはじめとする、カップドリンク、紙パックドリンクをパッケージにしたステーショナリーが今っぽい。女子のプチギフト選びも、パケ買い(パッケージ重視買い)できることが重要です。大きな瞳がタピオカに見える(?)、今年大流行のL.O.L サプライズに、タピオカを持たせてみました。(↑写真)

中身を出すのがもったいないと感じてしまう仕上がり。プラスチックカップにささっているストローはなんと鉛筆!小さなグミのくまチャームやリボン、細部までこだわりが見られ、ギフトとしても喜ばれそう。

中身も統一感のあるデザインで、ゆるふわパステルが夢かわいい。インスタ映えのポイントは、統一感。どんなにひとつひとつが可愛くても、統一感がないと映える写真にはなりません。令和ならではの、映えを意識した統一感や世界感を意識することはグッズ企画において無視できないポイントです

食感ならぬ触感でタピオカ同様の効果が得られる?

タピオカを飲んだことがある方のみぞ知る、独特な弾力のあるモチモチ食感。タピオカもガム同様、噛むことでストレスを和らげる効果もあるとか。タピオカの食感も人気の理由の一つなら、食感ならぬ触感(触りごこち)にフォーカスしたグッズにもさら需要が高まるかも?!

触るとやみつきになる、ふにゃふにゃと手になじむ『スクイーズ』、高反発な『ストレスリリーサー』は子どもから大人まで楽しめるアイテム。私も会社のデスクの上に置いており、いいアイディアが浮かばないとき、イライラしているときに握っています。

もちもちといえば、シリコン素材も手触りがタピオカに似ている?!コロンとした3D表現が得意な素材、シリコン。キャラクターやリアルなモチーフアイテムが作れちゃいます。このペンギンポーチは、私にすれば横から見たらタピオカにしか見えませんね。(「シリコンポーチ」に関するコラムを見る

あらゆるものがタピオカに見えてきた?!

この数か月、タピオカのことばかり考えていたら、あらゆる丸いものがタピオカに見えてきてしまいました。丸いポーチ、丸いキーホルダー、そして小銭まで…みなさんもタピオカに見えてきませんか? (もう誰も共感してくれなさそう…)

マスキングテープもタピオカみたいに丸い!缶バッチとセットのマスキングテープがかわいい。「今日はもう充電切れ」脱力系でどこかレトロなイラストに惹かれます。缶バッチはバッグに、マステは手帳に。ちょっとした意思表示ができるアイテムとして意外にも親和性のあるセットアイテム。

メッシュ生地をよく見ると…タピオカに見えてくる…2019年のトレンドネオンカラーはスポーツとも相性抜群。メッシュ素材と、カラーのインパクトでシンプルなシルエットでも存在感◎。

さて、いかがでしたでしょうか。

タピオカが飲みたくなってきましたでしょうか?…ではなく、グッズ企画のネタとしてご参考になりそうでしょうか。
ご紹介したグッズは、弊社でも近しいアイテムのご提案・作製が可能です。
トレンドになっているものを分析し、要素をうまく取り入れることで、ターゲットの心にささりやすい、話題になるノベルティ、オリジナルグッズ製作ができるかもしれませんね。

ご紹介したグッズは、弊社でも近しいアイテムのご提案・作製が可能です。

など、ぜひお気軽に各営業担当までご相談ください。

メルウチカリコ

株式会社トランス入社3年目。私は毎週ある曜日をタピオカの日と定めて、同じグループの先輩とカフェやお茶屋さんを巡っています。トランスは渋谷センター街から少し離れているので、タピオカを飲むために、昼休みの半分以上を移動時間に費やしていることもあります。トランスのすぐ近くにOPENした、渋谷スクランブルスクエアにはGong cha(ゴンチャ)、同じくらいの距離にTHE ALLEY(ジ アレイ)もあるのでトランス渋谷本社にご来社いただいた際は、タピオカを飲むことも楽しみとしてプランに入れていただくのが良いでしょう。私は実のところ、今がはほとんどタピオカをトッピングしておらず、ナタデココやグラスジェリーを入れたり、トッピング無しでお茶だけを味わっていたりします。バナー画像は私のドリンクアルバムです(笑)

コラム・メルマガに関する
ご質問・感想はこちら

こちらの記事もおすすめ

こちらのサービスもおすすめ

その他の提供サービス