成形品が出来上がるまでの流れ

成形品とは、原料を型どおりに成形させたもので、樹脂を圧入したり、空気を入れて膨らませたりするなど、加工方法はさまざまです。 既製品では表現できない、オリジナリティが溢れる成形品。トランスでは、キャラクターのフィギュアや、雑貨類の成形品も企画から製作まで請け負っています。3Dデータの描き起こしや3Dプリンターによるモック製作の作業は、当社グループ内で行うことが可能で、量産は条件に応じて国内か国外をご提案しております。 まだこの世にない、フルオリジナルの成形品をつくってみませんか?

  • 01お問い合わせ
  • もっと握りやすいペンライトをつくりたいもっと握りやすいペンライトを作りたい
  • 02ヒアリング・打合せ
  • 03平面デザイン・イメージ等ご支給 or 弊社にて制作
  • 043Dデータ描き起こし
  • 053Dプリンターでモックアップを製作
  • 外観デザインの確認用にグリップ部分のモックアップを製作

    当社グループ内で制作します!

  • 06試作
  • モックアップをもとに設計図の修正を行い、試作品をつくります

    今回は製作スピードの早い台湾でサンプルをつくりました!

  • 07金型製作
  • サンプルをもとに金型をつくります
    実際に使用した金型です!

  • 08サンプル製作
  • 実際の金型を使用して最終サンプルをつくります
  • 09量産
  • 1本のペンライトにたくさんの細やかな部分が使用されています

  • 10納品
  • 思い通りのペンライトが出来上がりました
    お客様こだわりのグリップです!

成形品に関する詳しいお問い合わせはこちら >

こちらのサービスもおすすめ

その他の提供サービス