トランスグッズレポートでは、ひよっこ社員、メルウチカリコが、グッズレポートしてゆきます。

今回は、2018年12月14日~16日に東京流通センターで開催された「文具女子博2018」へ行って参りました。
ステーショナリーは世代を問わず、日常的に使うものですよね。
私は、大学受験の頃、“勉強に必要なモノを買いに行く”という必然性をうたい、文房具売り場に毎日のように通っていました。「これ使ったら勉強できそう」「これ使ったらノートキレイにまとめられそう」文房具の最低限の要素にプラスされた、機能やデザインに、今でもワクワクが止まりません。

今回は、「インスタ映えする!」という視点から主に、「色」「シルエット」「雰囲気」の3要素に着目し、日常をかわいく彩るステーショナリーをご紹介いたします。ご紹介させていただくステーショナリーは、文具女子博で販売されていたものにプラスして市場で販売されているアイテムも掲載しております。

「ノベルティで作ったら投稿されるかも」「こんな感じのアイテム、販売品で作ったら、コンテンツ・アーティストの雰囲気に合うかも」と眺めていただけると嬉しいです。

#文具女子博2018#文具#文房具#文具女子#文房具マニア#文房具好き#文具部屋欲しい#stationerylove#ステーショナリー#ノート#マスキングテープ#マステ沼#ゆめかわいい#ガーリー#手帳#紙モノ#文房具好きな人と繋がりたい#購入品#戦利品#限定品#買い物

(「#文具女子博」のハッシュタグとともにつけられていたタグを拾ってみました。)

魅せるコスメモチーフ文房具

見た目は口紅、グロスにしか見えない!コスメそっくりのステーショナリーが市場でも多く販売されています。
小中学生向けのステーショナリーコーナーは、たくさんのアイディア商品であふれています。鉛筆、キャップ、消しゴム、定規...私が小学生のころに出会いたかったアイテムがたくさん(泣)小中学生女子のコーナーかと思いきや、じっくり見てみると大人も使えそうな色気を感じるアイテムも…コスメポーチみたいなペンケースになっちゃう?

ボールペンかなと思ったら、ハサミ!
しかも、塗るスティック部分がパッカンと開く。
大人になっても日常的に何かと使うタイミングのあるハサミ。携帯用に持ち歩いて、友人に貸す時のサプライズにも(笑)

形はもちろんグロスですが、透明フィルムの付箋の透け感がよりリアル。キャップに付箋がついていて、取り出しやすさも◎本物のグロスみたいに、色違いを持ち歩きたくなりますね。

POPに映えるおかしモチーフ文房具

甘い香りがしそうなグミ、コーヒーのステーショナリー。おかしモチーフは気分を明るくしてくれますよね。
特徴をとらえたシルエットは、写真にしっかりと映える。

このぷっくり感が本物のグミみたい。パッケージとあわせて飾っておきたくなるフレークシール。

カップに店員さんのメッセージ?!細かいこだわりが光る、テープのり。

きらきら動く、存在感抜群文房具

ゆらゆら揺れるイヤリングはドキッとさせる...と聞いたことがありますが、微かに動きのあるステーショナリーでも女子力を高められる?!小さなスパンコールが動き、使うたびに少しずつ表情を変えるドラマチックステーショナリー。

ジュエリーのようなピンクゴールドのボールペン。ゆっくりと移動するラメはずっと眺めていたくなる。つらい勉強中に、ペンの中の小さなキラキラの世界に癒されて...。

外側から見るのももちろん綺麗ですが、中身を取り出す時の光景も幻想的。スパンコールに光が反射して、まるで水族館の水中トンネルみたい。

カラフル文房具

文具女子博でしか手に入らない、有名文具メーカーとのコラボ商品!
さりげないロゴは、文具好き女子の証。

身体と同じで、ペンにも太い、細いのメリハリが大事?!
細いペンは手紙・手帳のデコレーションに、ペンケースに複数本入れておきたい。太いペンは、存在感があるので手で持って書いてる時のシルエットもかわいいし、デスクに転がしておくだけでコロンとしていて癒される。

「これ、インスタ映え狙ってるよね?」女子の大好きパステルカラー。Instagramを連想させる投稿画面柄の天チャックポーチ、目に当ててみたくなるメガネ型のポーチ。
PVC素材ならではの透明感、発色で、ステーショナリーをよりかわいらしく、華やかに魅せる工夫が光ります。

今注目は、ボトル型ペンケース。クリアボトルと見間違えるシルエット。机の上に立てて、ペン立てとして使えるペンケースも増えてきていますよね。

ステーショナリー以外にも、お菓子をいれても、クリアなので中身が見れて映える。

立てる、寝かす、転がす、透かす?!さまざまな角度から視覚的に楽しめるのも、インスタ映えアイテムのポイント。

おまけ

今回も自宅で撮影してみました。100円ショップでそろえられる小物で、「SNS映え写真」が撮れちゃいます。
ノベルティや販売品で「オリジナルグッズ」を作製して、SNSでの拡散を促す施策のご提案も、トランスにお任せください。

さて、いかがでしたでしょうか。
今回はステーショナリーのビジュアルをご紹介させていただきました。
文具女子博が大盛況の理由には、進化しつづけ女子たちを飽きさせないステーショナリーの魅力があるようです。
今回はご紹介したオリジナル文房具(ステーショナリー)は、弊社でも近しいアイテムのご提案・作製は可能です。

など、ぜひお気軽に各営業担当までご相談ください。

※インスタ映えセンサーは筆者独自の指標です。ご参考までに。

メルウチカリコ

トランス入社2年目。『文具女子』...文房具が大好きな女子、文房具オタクの女子のための、イベントいうことで、マニアックなイベントかと思っていたら...もう、会場は戦場。文具女子はかなり多く存在しているようです。会場にいたお客さんの年齢層も幅広く、40.50代の文具女子さんもたくさん。
インスタ投稿をみてみると、ハッシュタグも、イベント名のみならず、文具メーカー、ブランド名までしっかりとタグ付け。私も月に最低1個、多いときは6個くらいマスキングテープを買います。これこそ「#マステ沼」。

↓コラムのご感想・ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。↓

こちらの記事もおすすめ

こちらのサービスもおすすめ

その他の提供サービス